topimage

2013-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

65合目!! 雪中テント泊 IN 御池岳 その② - 2013.02.28 Thu

九時過ぎにCOOPERさんと山口ゲート前に駐車場に集合して、

いよいよスタートです。

この日の天気予報はお昼から天気が回復して晴れマークでしたが・・・。

 

IMG_3479

ゲート前の駐車場。

IMG_3480

9:50に出発。

IMG_3481

ゲートの手前からもう積もってます。

IMG_3482

トレースはありません。

ほんの少し工事車両のわだちが残っていたので、

それに沿って歩きます。

IMG_3483

1時間ほど歩いて、少し休憩。

IMG_3484

休憩中のCOOPERさん。

IMG_3485

IMG_3490

国道崩落地です。

IMG_3491

かなりごっそりと崩落しているので、

冬季閉鎖が終わってもまだまだ開通は先だと思います。

IMG_3492

曇り空で、たまに晴れ間が見えだしました。

IMG_3493

新雪で歩くのが気持ちいいですが、

ず~と続くのは疲れます。

 

IMG_3495

1時間ちょいでコグルミ谷登山口に着く予定でしたが、

到着したのは12:13。

 

IMG_3496

ここから少しだけ入りましたが、

倒木やら、雪がかなり深くて、???という感じで、

地図やGPSを見るともう少し戻ったところから入るみたいなので、

時間も12時を過ぎていたので

ここでお昼休憩。

お昼休憩をしていたら、

出発時に駐車場にみえた、

単独の方が少し手前の梯子を登って行かれました。

IMG_3497

梯子はコグルミ谷の20mくらい下っと所の山側にあります。

IMG_3498

梯子を上るCOOPERさん

IMG_3500

IMG_3501

ここから尾根に出るまで急登です。

IMG_3503

はい、チーズ!!

IMG_3504

急登はわかんがうらやましい・・・。

僕は今回、スノーシューを持ってきましたが、

不慣れなことやヒールリフトなどないので、

ここでアイゼンに履き替えました。

今回は初雪中テント泊ということで

いろいろ欲張ってしまい、ザックの重さは約22キロ。

この急登などはかなりしんどかったです。

IMG_3506

ほんの少しの晴れ間!!

IMG_3507

IMG_3508

1時間ほど登って一休憩。

IMG_3509

来た道を振り返って。

IMG_3510

すかっと晴れて欲しいのですが、

いまいち・・・。

IMG_3511

15時過ぎにカタクリ峠に到着。

この時点でテーブルランドでの雪中テント泊は微妙に・・・。

 

IMG_3513

IMG_3514

ここから少しのぶるのですが、

雪が深くなって、何か所でズボズボはまります。

IMG_3515

やっと7合目に到着。

この先もズボズボはまり、先に進めないので、

スノーシューに交換。

多少登れるようになりましたが、

ザックが重い・・・。

次回はもっと軽くしようと決意しました。

もうとっくにテーブルランドはあきらめているので、

COOPERさんが、テント泊適所を探してくれました。

IMG_3516

今回のテン場に到着。16:50

ここからは初めてづくしの体験。

IMG_3517

樹林帯の中なので、風も弱く良い場所でした。

IMG_3518

雪を整地しましたが、

雪って結構重いですね。

腰にきます(笑)

 

IMG_3519

整地中のCOOPERさん

IMG_3521

整地完了後、テントを張りました。

マットの上では寒くなく快適でした。

この時の温度は外気温約-5~6度。

テント内は―2度くらいでした。

 

IMG_3523

初体験!!

水を作るために雪を溶かしていきますが、

このコッヘル900mlの水を作るのには結構な量の雪が必要だと知りました。

頭では分かっているけど、体験してみると実感できます。

テント内なので気を付けて行います。

IMG_3524

まん丸のお月さんがこんばんは!!

IMG_3526

P2220028_Rr

今日の晩御飯はキムチ鍋〆のうどん付。

IMG_3528

ご飯はレトルトの五目御飯。

このレトルトご飯の袋入りがお勧め!!

あまり扱っているところは少ないですが、近所のスーパーで入手。

200gくらいのが100円くらい。

小さなコッヘルにも入るので良いですよ。

P2230030_Rr

まずは野菜から。

P2230032_Rr

お肉は少しづつ食べる分だけ入れていきます。

P2230035_Rr

寒いところで暖かいものが美味しい!!

P2230033_Rr

そろそろ〆のうどんを入れます。

P2230036_Rr

うどんも美味しかった~~~。

体の中から温まります。

 

ご飯を食べて、まったりと過ごします。

COOPERさんが夜景を撮るとのこと、

僕もせっかく重い三脚をここまで持ってきたのだから、

使わないともったいないということで、

シュラフから出て少しだけ夜景を取りました。

IMG_3542

町明かりと樹林

IMG_3548

今回はテン場はこんなところです。

IMG_3551

月明かりに照らされた樹氷

IMG_3552

撮影中のCOOPERさんとテントたち。

IMG_3554

22:30に就寝。

今日は一日、雪と遊ぶことが出来ました。

雪山ならではの体験がいろいろできていい経験が出来ました。

2日目に続く。

スポンサーサイト

64合目!! 雪中テント泊 IN 御池岳 その① - 2013.02.25 Mon

2013年2/23~24に山友のCOOPERさんと鈴鹿山脈の最高点・御池岳に

自身初の雪中テント泊に行ってきました。

生憎の天気でしかもドカ雪の中COOPERさんと

ラッセル隊で無事に頂上まで行って来れました。

想像以上に雪が積もって悪戦苦闘でした。

 

IMG_3592_Rr

63合目!! snow peak titanium シェラカップ!! - 2013.02.19 Tue

少し前から気になっていたチタン製のシェラカップ。

コーヒーカップとしても、

小さ目のコッヘルにも使えます。

IMG_9325_Rr

 

IMG_9327_Rr

軽くて、火にもかけれるので、

IMG_9328_Rr

装備を減らしたいときにはうってつけ!!

IMG_9329_Rr

ただ、このまま使うと、火にかけると取っ手の部分が熱そう・・・。

そこで

 

LET'S DIY

 

 

IMG_9346_Rr

取っ手の部分をチョッキンします。

IMG_9344_Rr

家にあった釣り用の浮きゴムをはめ込みます。

IMG_9335_Rr

この浮きゴムがジャストサイズ!!

IMG_9338_Rr

丁度いい長さに切ってからはめ込みました。

IMG_9339_Rr

これで火にかけても当たらないし、

手にもつ部分は熱くならないはず!!

IMG_9340_Rr

この量なら切った部分の強度も問題なし。

IMG_9341_Rr

しかもこの浮きゴムの部分が発光します!!

今度の山行(御池岳・テーブルランドテント泊)

でデビュー予定!!

62合目!! 風折滝 「天使の羽・ブルーエンジェル」を求めて 後編 - 2013.02.15 Fri

風折滝について、ほっとしました。

ここまで来て氷瀑ってなかったら・・・。

後半は気をはる場所が多かったので、

すっきりとゴールを迎えることが出来ました。

 

IMG_3368_R

2年越しの‘ブルーエンジェル‘

ほんの少し部分的に青白く光ってました♪

 

そして、

びっくりしたのがコレ

 

↓ ↓ ↓

 

IMG_3370_R

川の表面が凍ってます!!

 

IMG_3371_R

川ですよ、川!!

流れのある川が凍るなんて!!

 

IMG_3374_R

この自然現象にはびっくりしました。

僕はこういうのを山歩きにもてめているのかもしれません。

非日常の風景!!

IMG_3369_R

いつも心清まるお写真を撮っておられる ke-n さん

撮っている姿をパチリ!!

結構体が柔らかいんですね。(笑顔)

IMG_3375_R

そして、最近山で元気なへいちゃんは

氷結を持参!!

今回も水・など重たいもの担当!!

帰りは僕の三脚まで持って行ってくれました。

これからも期待のポーターさんです。(笑)

IMG_3376_R

今回のお肉担当は「 ke-n さん」

IMG_3377_R

「国産和牛じゃ~~~!!」

 

IMG_3379_R

M氏はいつものラーメン担当。

IMG_3378_R

今回は’まるちゃん正麺’

IMG_3380_R

寒いところでは、暖かいものがやっぱり一番!!

ここで事件発生~。

COOPERさんのラーメンを入れたカップがお辞儀をしてしまい、

スパッツ~登山靴にダイブ!!

一瞬時間が止まりました。(笑)

IMG_3381_R

この味付けホルモンが美味でした。

愛知ではなかなか食べれない代物!!

IMG_3382_R

お腹も満たされたので少し撮影タイム♪

滝は結構ゆらゆらします~。

IMG_3384_R

 

IMG_3388_R

IMG_3390_R

 

IMG_3392_R

IMG_3393_R

IMG_3394_R

 

IMG_3397_R

IMG_3399_R

こんどは滝が左側へ~

こうやって「天使の羽」が作られていくんですね。

 

ドガ~~~ン

IMG_3401_R

銃声の様な爆音で氷瀑の下部の一部が崩れ落ちました。

IMG_3402_R

すごい音でびっくり!!

IMG_3403_R

午後からは気を付けないといけませんね。

長い休憩もおしまい。

帰路につきます。

 

IMG_3405_R

3番目の難所を降りる ke-n さん

IMG_3406_R

何か起きないか期待させてくれるM氏

IMG_3407_R

ここは無事に通過~。

IMG_3408_R

ここが一番怖かったとCOOPERさん。

IMG_3409_R

余裕~~と聞こえてくるへいちゃん。

 

第二の難所で待っている間にちょっと撮影タイム。

 

IMG_3414_R

氷が面白い表情を見せてくれます。

 

IMG_3415_R

 

IMG_3416_R

IMG_3417_R

 

IMG_3420_R

第二、第一とクリアして、

滑りやすい沢沿いの岩場を歩きます。

川を渡るところも数か所あり、

滑りそうで神経を使いました。

M氏曰く

「ったくよ~、精神的に疲れる~」

 

1時間ほどで出合分岐に到着。

IMG_3422_R

IMG_3421_R

休憩所の中は椅子もあるので良いですね。

10分ほど休憩して

ここからは整備された登山道ですが、

倒木が多くて行く手を阻みます。

IMG_3423_R

16:30ゴロに駐車所へ到着~。

IMG_3424_R

楽勝滝見ツアーの予定が

結構大変でした。

IMG_3425_R

駐車場は10台くらいは停めれそうです。

この後はホテル スメールの 香肌の里へ(700円)

温泉を出てから、

大阪組とは次回の再開を約束してお別れ。

僕たちは少し寄り道をしに松阪へ

IMG_3426_R

1年ぶりの松阪の牛楽さんへ。

去年の三峰山の帰りによって思いのほか美味しかったので、

今回もここに決まり。

 

IMG_3428_RIMG_3430_R

ここのホルモンが絶品です!!

噛み切れないホルモンとは全然違います。

また来年もここですか?

IMG_3427_RIMG_3429_R

これもおいしかった’サガリ’

動いた以上に食べたのでは?という説が・・・。

M氏はハツが無くてご立腹!!

5回は’ハツがない’とわめいておりました。

 

帰りの高速では渋滞前にガソリンを入れにSAに寄ったら、

ガソリン待ちに20台くらい待っておりました。

少し待ちましたがらちが明かないので、

次のインターで降りてガソリンを入れました。

ガソリンは前もって入れよう!!が今回の教訓になりました。

 

皆さん、お疲れ様でした。

また、楽しいひと時をご一緒しましょ~~~!!

 

 

 

駐車場 8:50


出合分岐10:00~10:10


風折滝 12:00~13:40


出合分岐 15:35~1545

駐車場 16:30

61合目!! 風折滝 「天使の羽・ブルーエンジェル」を求めて 前編 - 2013.02.12 Tue

2/10(日)に大阪の ke-n さん・COOPERさんと愛知よりM氏・昇龍さんと僕の5人で

三重県飯高町の風折滝の氷瀑ツアーに行ってきました。

去年より行きたいねっと予定を合わせて滝行となりました。

 

今回は氷瀑ツアーということで、

そこまで距離もないし、高低差も少ないので、

楽勝ツアーだと舐めてました・・・。

 

COOPERさんとは今回初めての顔合わせで、

近々雪中テン泊をご一緒する予定です。

その時にいろいろと山談義したいと思います。

 

8:50過ぎに駐車場からスタート。

IMG_3294_R

行程の約2/3は整備されているので、

とても歩きやすいです。

IMG_3295_R

ただ倒木が多くて、行く手を塞ぎます。

IMG_3297_R

氷を発見しましたが、登山口近くでは全く雪や氷が無く、

少し不安になりました。

IMG_3298_R

整備されているので

IMG_3299_R

すんなりと進んでいけます。

IMG_3302_R

分岐の手前にて休憩。

IMG_3305_R

日がさして、木が輝いています。

IMG_3306_R

IMG_3307_R

谷にいるとなかなか日が入ってきませんが、

今日は登山でもいい日でしたね。

IMG_3308_R

休憩所もあります。

IMG_3309_R

ヘルメットがかっこいい、COOPERさん。

この分岐より風折滝方面へ。

ここより未整備でけっこう難儀なコースでした。

IMG_3311_R

だんだんつららなども出てきましたが、

IMG_3312_R

まだまだ雪などは少なく・・・。

IMG_3314_R

IMG_3316_R

IMG_3317_R

川もとても綺麗で癒されます。

IMG_3319_R

川にもつららがすこしづつ着くようになってきます。

IMG_3321_R

薄暗い谷を登るCOOPERさん。

IMG_3323_R

3か所の難所の内の一つ。

僕は大きな岩の外側を登りましたが、

後を続いたM氏は消えました・・・。

ここは大岩の内側が洞窟状になっていて、

荷物を先にあげてから、登ります。

 

IMG_3325_R

まだまだ氷は少ない。

IMG_3326_R

IMG_3327_R

何度も倒木が行く手を阻む。

IMG_3329_R

IMG_3330_R

IMG_3335_R

ここで2番目の難所に到着。

ここでアイゼン装着。

IMG_3336_R

難所を登るCOOPERさん。

IMG_3337_R

IMG_3339_R

IMG_3341_R

IMG_3340_R

この辺りから氷の芸術品が楽しませてくれます。

IMG_3342_R

IMG_3343_R

IMG_3345_R

今回も絶好調の昇龍さん。

軽快に登っていきます。

IMG_3346_R

IMG_3347_R

IMG_3348_R

IMG_3349_R

続いては期待のM氏!!

IMG_3350_R

腕に力が入ります。

IMG_3351_R

しか~~~し、体制を崩したところをぱちり!!

M氏曰く「精神的に疲れた」とのこと

IMG_3352_R

いろんな氷が楽しませてくれます。

IMG_3353_R

IMG_3354_R

普段見れないもので満たされます。

IMG_3355_R

IMG_3356_R

IMG_3358_R

IMG_3359_R

この後に垂直の岩場登りの3か所目の難所を越えて、

もうすぐ風折滝・・・。

氷瀑になっているか?

IMG_3360_R

IMG_3362_R

近づくにつれて、だんだん雰囲気が良くなってきました。

 

IMG_3363_R

 

そしてついに・・・

 

 

来たーーー!!

 

 

 

IMG_3365_R

「やったー」

と思わず声が出ました。

IMG_3368_R

思いもよらず、結構難儀なコースだったので

見事に氷瀑になった風折滝を見たときは感動モノでした。

後編に続く。

src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。