topimage

2013-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

82合目!! 御池岳 ・木和田尾根からテーブルランド散策 後編 - 2013.05.28 Tue

山頂からテーブルランド・奥の平へ向かいます。

 

IMG_4568_Rr

少し下っていくと小さなピークが。

IMG_4569_Rr

ピークに人影が見えて、奥の平かなぁと思っていたら、

(後から鈴北岳と分かりました。)

IMG_4570_Rr

さらに下るとこんな景色のところに。

IMG_4571_Rr

冬に来た時にこの近くを通りました。

これは奥の平の方面ではないなぁ~と

IMG_4573_Rr

来た道を登り返して、2度目の山頂を横切り、

テーブルランドへ。

IMG_4574_Rr

ここへは2年前の秋にへいちゃんと来ています。

IMG_4577_Rr

ここはやっぱり気持ちいです。

IMG_4578_Rr

ぜひ、来シーズンこそ冬のテーブルランドを訪れてみたいと思います。

IMG_4584_Rr

少しボタンブチの方から見た方が空が青かったです。

IMG_4585_Rr

冬へに思いが募る。

IMG_4587_Rr

ボタンブチ。

IMG_4588_Rr

藤原方面。

IMG_4589_Rr

御在所方面。

IMG_4591_Rr

琵琶湖も見えました。

IMG_4603_Rr

 

IMG_4609_Rr

奥の平より山頂方面。

IMG_4610_Rr

ボタンブチ方面。

IMG_4611_Rr

13時を回ったので、ここでランチタイム。

風は涼しいですが、暑かったので、

味噌汁などHOT系はパス。

おにぎりをいただきました。

 

IMG_4614_Rr

あまり時間がないので、テーブルランドの奥へ進みます。

IMG_4615_Rr

ここからは未踏地。

改めてテーブルランドの広さを感じました。

IMG_4617_Rr

何池かなぁ?

IMG_4620_Rr

ドリーネ。これも冬に見てみたい。

IMG_4621_Rr

そうこう見ていると、テーブルランドの淵に赤マークが・・・。

ここから真の谷に下りれたら近道だなぁ~と思って少し下りかけましたが、

荒れた谷沿いになってきたのと赤マークを見失ったので、

単独だし、さまよったら余計時間が掛かりそうだったので、

「急がば回れだな」と言い聞かし。

山頂方面へ戻ります。

時間があったら東ボタンブチに行ってみたかったです。

IMG_4622_Rr

下っていくつもりが、3度目の山頂に来てしまいました。

山頂のあたりはよくわかりません。(汗)

さぁ~、ここからは下り。

IMG_4623_Rr

鈴北岳の分岐で最後のパチリ。

ここあとカメラはザックの中へ。

16:00には白瀬峠分岐に到着して、

今夜真の谷でテント泊するという方と少しお話を、

真の谷の水場を探したけど見つからなかったそうで、

もう一度行こうか迷っているそうです。

 

ここからの下りは少しガレているところがあり、

一度しりもちを付きました。

さらに下って、行きとは違う鉄塔方面へ下っていきます。

このルートより尾根道の方が気持ちよかったと思います。

 

沢沿いに出るとやっぱり下りの方が滑りやすく、

注意しながら下ります。

 

もうゴールが見えてきたので、水分を遠慮なくとります。

暑くなってくると飲む量が増えますね。

今回はスポドリ1.5L、水1.0Lを持っていき、ほとんど消費しました。

 

17:05に白瀬峠登山口に到着。

また御池岳に違うルートから登ってみたいです。

ゆっくりとテーブルランとを散策してみたい。

 

 

 

白瀬峠登山口 9:00
鉄塔下 10:00
白瀬峠分岐 10:35
冷川岳 10:40
カタクリ峠(天ヶ平)6合目 11:00
分岐 11:36 
御池岳山頂 12:05~15
ボタンブチ 12:57
奥の平 13:15~13:30(昼食)
テーブルランド散策終了 14:05
山頂14:45
分岐 15:10
カタクリ峠 6合目 15:25
白瀬峠分岐 16:00
白瀬峠登山口 17:05

スポンサーサイト

81合目!! 御池岳 ・木和田尾根からテーブルランド散策 前編 - 2013.05.26 Sun

今週は天気が良さそうだったので、梅雨入り前にがっつりとハイクしたくて、

木和田尾根より御池岳を登るルートを選択しました。

木和田尾根は一度M氏と藤原岳の周回コースで登ったことがあり、

好きなコースなのと、御池岳は前回・雪中テント泊をした思い出の山なので、

わくわくして登りました。

 

当日の朝・車を取りに行くと、まさかの‘バッテリーあがり‘(泣)

ルームランプの付け忘れで、親父の車と繋げましたが、

今度は自分の車の盗難装置が作動して、クラクションなりまくり(大汗)

この解除にも手こずって、出発が1時間遅くなりました。

「これは今日は山を止めろってこと?」とも思いましたが、

こんなことでは負けんと白瀬峠登山口へ向かいました。

 

IMG_4497_Rr

9:00に登山開始。

今回は去年の秋・荒川三山~赤石岳縦走以来の久しぶりの単独行。

IMG_4498_Rr

登り始めてすぐに沢沿いに登っていきます。

IMG_4499_Rr

川からはカエルの合唱が!!

ヒキガエル?ウシガエル?

IMG_4500_Rr

木漏れ日が気持ちいい~。

この沢沿いの登山道は去年の秋の台風の影響か、

倒木が多くて、道も巻き道になっている箇所がありました。

巻き道は少しガレているので特に下りには注意です。

IMG_4501_Rr

沢沿いを抜けて分岐を左に行くと木和田尾根に出ます。

IMG_4503_Rr

ここからは気持ちの良い尾根歩き。

IMG_4504_Rr

低木のトンネルがまた気持ちいい!!

IMG_4505_Rr

となりの鉄塔が見えてきました。

(帰路ではあの鉄塔の下を通るルートで下りました。)

IMG_4506_Rr

鉄塔で作業されています。ご苦労様です。

IMG_4507_Rr

尾根を登っていると、緑の中に1本だけ赤い木が・・・。

IMG_4508_Rr

もみじ???と近くに行ってみると赤い花でした。

IMG_4510_Rr

ヤマツツジ?みたいで、周りに黒い蝶々が群がっています。

IMG_4511_Rr

丁度10:00に鉄塔下に到着。

良いペースで登って来れました。

IMG_4513_Rr

左の奥に伊吹山。

IMG_4514_Rr

真ん中には雪山(御嶽山?)

IMG_4516_Rr

鉄塔下から。

 

IMG_4519_Rr

桑名方面。

IMG_4520_Rr

白瀬峠への分岐。

IMG_4522_Rr

10:35に白瀬峠分岐へ到着。

 

IMG_4524_Rr

IMG_4525_Rr

真の谷にも一度行ってみたいですが、

この日あった方の話では荒れていて分かりにくいそうです。

IMG_4527_Rr

すぐに冷川岳。

見晴らしはありません。

IMG_4528_Rr

ここも気持ちのいい尾根歩きが出来ます。

IMG_4534_Rr

まったく花を知りませんが、数少ない知っている花がありました。

イワカガミ。

IMG_4535_Rr

この尾根にはたくさん咲いていました。

IMG_4536_Rr

思ったよりも早く到着しました。11:00

IMG_4537_Rr

前回雪山の時はここからがエラカッタ・・・。

IMG_4538_Rr

へとへとになったことを思い出します。

IMG_4539_Rr

IMG_4540_Rr

IMG_4541_Rr

ここからが一番しんどかった場所。

冬道では急登でわだちもあり、とても登りにくかったです。

IMG_4545_Rr

がさがさと物音がすると思ったら・・・。

IMG_4546_Rr

初めは狸・狐かと思いましたが、違うみたいです。

IMG_4547_Rr

ハクビシン?かと思いましたが、しっぽが太いし?

この動物はなんでしょう?

IMG_4548_Rr

8合目の手前まで尾根道を少しだけ下って谷沿いに行くと8合目です。

この尾根沿いに行くと前回雪中泊したテン場です。

再訪してみたかったですが、今回はあまり時間がないので、山頂を目指します。

 

IMG_4553_Rr

ちょこっとだけ撮影タイム。

IMG_4556_Rr

山男が花を撮ってる姿を想像してごらん!!

IMG_4559_Rr

鈴北岳への分岐。

IMG_4560_Rr

この辺りで鞍掛峠より来られた登山者さんとお会いしましたが、

皆さん、花を求めて来ているみたいで、

全く分かりませんでした。

少し勉強しないといけないかぁ~。

IMG_4563_Rr

12:05に山頂到着。3時間5分で登れました。

ここまで休憩は撮影タイムのみ。

初めてザックを下ろせました。

IMG_4564_Rr

前回は雪がたっぷりとありましたが・・・

IMG_4566_Rr

前回と同じくザックにカメラを載せてパチリ。

ちなみに2月の時のお写真がこちら

 

IMG_3596

 

この後は魅惑のテーブルランド散策です。

テーブルランドはほんとに広くて奥が深いですね。

御池岳・テーブルランドの魅力にますます魅かれました。

80合目!! 山ガールデビュー in 段戸山 - 2013.05.18 Sat

娘(約3歳)の山ガールデビューに姉と段戸山に行ってきました。
まだ小さいので、危険個所のない所・高低差・距離が短いところということで、
前から気になっていた段戸山に決めました。

自分だけで行くには物たりないですが、ファミリー登山にはちょうど良かったです。

ナビに駒が原山荘が出なかったのでなかなか登山口を見つけれなかったですが、
山荘を見つけてからはすぐにわかりました。
小さい子と登山するのは初めてでしたので、いろいろと気づくことなどがあり良かったです。

 

IMG_4296_Rr

道路わきのガードレールに小さな目印があります。

IMG_4297_Rr

橋にはチェーンが掛かっています。

橋を越えるとすぐに登山口がります。

 

IMG_4301_Rr

がんばるぞ~~~!!

IMG_4304_Rr

登山口からは木の根っこが階段状になった登山道を進みます。

IMG_4308_Rr

順調に登っていきます。

IMG_4309_Rr

よいしょ、よいしょっと!!

登りはM氏くらいのポテンシャルがあるかなぁ~。(笑)

IMG_4314_Rr

念のため、シュリングで確保してます。

特に危険箇所もなく、急登、急坂、切れ落ちた場所もないので、小さなお子さんでもしっかりとみていれば安心な登山道です。

IMG_4324_Rr

半分くらい登ると平らな場所から段戸山が見えました。

IMG_4325_Rr

ごくごく飲みます。

IMG_4331_Rr

気持ちのいい山道です。

気温も丁度良く、風があるところは涼しくて気持ちよかったです。

登山道もしっかりと踏み跡があり、迷うこともないと思います。

IMG_4339_Rr

大人が使ってるものを欲しがるので、

真似っこマ~~~チ!!

IMG_4340_Rr

自分用のテントウムシのリュック。

この中にビニールの帽子が入ってます。

もちろん、テントウムシの頭版。(笑)

IMG_4342_Rr

倒木の下から通ります。

IMG_4346_Rr

山頂が近くなると笹が多くなります。

IMG_4348_Rr

この笹を抜けると・・・

IMG_4354_Rr

山頂に到着!!

IMG_4360_Rr

娘も小さいながらに山頂まで約2キロを頑張りました。最後のあたりは疲れてきて、

「だっこして~」と何回か言ってましたが、
もうすぐだからと、いろいろごまかしながら、山頂までおんぶ・だっこをせずに自分の足で歩くことが出来ました。

IMG_4362_Rr

山頂でコーヒータイム❤

IMG_4366_Rr

いい香りが漂います。

IMG_4368_Rr

気持ちよく晴れてますが、薄~~い雲で展望は効かず・・・。

IMG_4394_Rr

もう設置してから36年たってますが結構きれいです。

IMG_4372_Rr

山頂からは東側方面の展望がいいのですが、この日は晴れてはいましたが、展望は効かずに少し残念でした。

IMG_4373_Rr

秋や冬の空気が澄んだ日は、恵那山~中央アルプス、南アルプス、そして富士山も見えるそうです。

IMG_4377_Rr

お月さんがいるよ~と娘が教えてくれました。

IMG_4396_Rr

日が当たるところでは少し暑いくらいですが、

IMG_4397_Rr

風が気持ちいいので丁度良かったです。

IMG_4382_Rr

大好きなお菓子を食べれてご機嫌になります。

この辺りはもう立派な女子です。

IMG_4385_Rr

お茶もぐいぐい飲みます。

IMG_4392_Rr

パッチンも自分でできるよ~。

IMG_4413_Rr

背負子もありますが、今回は持ってこなかったので、

IMG_4414_Rr

時間もあまりないのと、下りの方が危ないので、アタックザックの間におんぶして下りました。

下りは眠そうにしてましたが、話しながら下っていきます。

順調に下って40分くらいで登山口に到着。

 

IMG_4417_Rr

岳ポーズでがんばったぞ~~~!!

 

IMG_4429

私、もうモンベラーよ。

IMG_4440_Rr

楽しい時間もあっという間に終了。

娘の山デビュー、結構がんばって登れました。

帰りのどんぐりの湯にも寄りたかったですが、
足助にある鳥料理店・花の木に寄りたかったので、パスしました。

IMG_4442_Rr

153号線沿いのこの鶏が目印。

足助の手前、稲武方面側にあります。

水曜日・第三火曜日休みです。

平日の方は気を付けてください。

IMG_4444_Rr

この花の木の唐揚げは美味しいのでぜひ一度どうぞ!!
冷蔵販売している味付けホルモンもお勧めです。

帰りにこれがあるから、今回、段戸山をチョイスしたのはここだけの話。(笑)

帰りの車でお山はどうだった?と聞くと

楽しかったみたいで、「パパ、またお山連れてってね」っと嬉しい言葉。

近場でファミリー登山できるところをまた行きたいと思います。

 

登山口発 14:15
小休憩3回ほど(各5分くらい)
山頂着 15:40
山頂発 16:30
登山口着17:10


79合目!! 3度目の正直 IN 燕岳 その⑤ - 2013.05.12 Sun

ザックは山荘にデポさせていただいて、

燕岳へと向かいます。

日の出時ほどではないですが、

稜線上は風が冷たいです。

 

 

 

IMG_4170_Rr

気持ちのいい山頂への道。

IMG_4173_Rr

スカッと晴れて大展望が広がります。

IMG_4177_Rr

M氏、もうすぐ出番です(笑)

IMG_4179_Rr

yaman-chu さん、キマってます!!

IMG_4188_Rr

山頂はすぐそこ。

IMG_4194_Rr

表銀座コースが一望です。

左の方にあるのが、燕山荘。

IMG_4198_Rr

後立山方面。

IMG_4200_Rr

念願の快晴の中、燕岳山頂を踏みました。

約束どおり、また来たよ。

IMG_4203_Rr

360度のパノラマが広がります。

 

IMG_4204_Rr

薄らと富士山に南アルプス。

北沢峠のV字が良くわかります。

IMG_4211_Rr

立山に剱!!(タテツル)

IMG_4212_Rr

槍ヶ岳と月。

IMG_4214_Rr

はい、チ~~~ズ!!

大満足の山頂。

時間はあるので、ゆっくりと下ります。

 

そういえば、行きにイルカ岩を見過ごしたね。

ということで、探しながら行くと山荘の近くにありました。

目は人為的でしょうか???

IMG_4219_Rr

定番のイルカ岩と槍のショット。

 

山荘に到着後、荷物を取って、

スタッフさんに挨拶をして、出発です。

 

IMG_4220_Rr

こちらは山荘のイルカ岩?

IMG_4224_Rr

槍ヶ岳とももうすぐお別れ。

IMG_4227_Rr

下りはあっという間に来ちゃいますね。

IMG_4229_Rr

冬の直登コース。

IMG_4230_Rr

槍ヶ岳の最後のショット。

直登コースの樹林帯に入ると槍ヶ岳ともお別れです。

IMG_4232_Rr

直登コースを下から。

登りは疲れたなぁ~。

もう少し体力UPしないと夏山に行けない。

ランニングで体力強化します!!

 

デジイチカメラは重たいけど、持って行けるうちは

出来るだけ持って登ることにしています。(コースにもよりますが)

カメラの分、軽量化も考えないと・・・。

IMG_4234_Rr

隊列を組んで直登コースを登られてます。

この日は祝日なのでなので、たくさんの方とすれ違いました。

IMG_4236_Rr

合戦小屋も大混雑。

IMG_4238_Rr

小屋の中で休憩させていただきます。

暑くなってきたので、服を脱いで調整します。

ここから先はさらに暑くなるでしょうか。

IMG_4240_Rr

M氏、得意の下り、下りの王の称号を与えられました。

IMG_4243_Rr

yaman-chu さんも軽快に下っていきます。

IMG_4244_Rr

M氏の下りを見ると、登りが嘘のよう・・・・

IMG_4245_Rr

下りで切羽詰るアクシデントがありましたが!?

無事に登山口に到着。

帰りの温泉は、もちろん有明温泉(有明荘)

クラブ燕山荘カードがあれば、半額の300円で入れます。

内湯は僕好みの熱めの42~43度ほど。

露天風呂は広いですが、少しぬるめ。

中房温泉(宿泊者用)もお勧めですが、

この温泉も良いですよ。

 

帰りに安曇野のスーパーでお土産の野菜類を買い、

夕方には地元に着くことが出来ました。

 

yaman-chu さん、お疲れ様でした、また夏山行きましょ~。

 

M氏、長い・長距離の運転お疲れ様でした。

また、運転お願いしますm(__)m❤

78合目!! 3度目の正直 IN 燕岳 その④ - 2013.05.08 Wed

夜中はぐっすり寝れて、日の出を見るために

4:30前に起床。

準備をして外に出るともう明るくなってます。

明るくなるのもだいぶ早くなりましたね。

この日は4:55くらいが日の出だそうです。

 

IMG_4083_Rr

槍様、おはようございます。

IMG_4085_Rr

日の出前の燕岳。

IMG_4088_Rr

うっすらと明るくなってきました。

IMG_4089_Rr

このグラデーションはこの時間ならではで、

わくわくしますね。

IMG_4091_Rr

安曇野平野は雲の中。

つまり僕らは雲の上にいるんです!!

IMG_4092_Rr

日の出を待つ岳人達。

IMG_4098_Rr

来ました~~~!!

IMG_4105_Rr

昨年の荒川小屋で見た日の出以来です。

IMG_4106_Rr

ここまで登ってきた人だけが見ることができるご褒美かな?

IMG_4100_Rr

思ったよりは焼けませんでしたが、

それでも快晴で満足です。

IMG_4107_Rr

IMG_4108_Rr

足元も綺麗な世界です。

IMG_4109_Rr

朝焼けの燕岳。

燕岳は燕山荘のあたりから見るのが一番かっこいいかも。

IMG_4110_Rr

場所を移動して槍方面の稜線へ。

IMG_4112_Rr

槍・穂高方面も快晴のようです。

IMG_4114_Rr

大天井岳への稜線もばっちり見えます。

本当は大天井岳にも行きたかったですが、

体力不足でした・・・。

IMG_4115_Rr

裏銀座方面。

昨日はガスって見れませんでしたが、

今日はばっちりです。

いつか裏銀座も縦走したいなぁ~。

IMG_4116_Rr

槍をズ~~~ムイン!!

IMG_4118_Rr

大天井岳をズーーームイン!!

大天井山荘が見えます。

IMG_4121_Rr

春先なのにこの空にはびっくりしました。

ただ、ここの稜線は半端なく寒いです。

風もそこそこ吹いていて、撮影中は気温マイナス11度。

冬用グローブをしてましたが、

手が痛くなるほど・・・。

風が当たる右ほほも痛い。

 

IMG_4129_Rr

日の出のギャラリーもほとんどいなくなりました。

IMG_4132_Rr

念願・快晴の燕岳をバックに!!

IMG_4134_Rr

M氏と燕岳。

IMG_4135_Rr

富士山も八ヶ岳の横にうっすらと見えました。

IMG_4136_Rr

雲上の世界。

IMG_4139_Rr

日を浴びた雪庇。

IMG_4143_Rr

IMG_4148_Rr

IMG_4150_Rr

IMG_4153_Rr

これで早朝撮影終了。

 

小屋に入って、朝ごはんの準備。

今回は朝食無しで頼んだので、

お昼に食べる予定だったハンバーグ、

香りのいいブラジル産のコーヒー、

昨日食べる予定だったM氏持参の安城和牛をいただきました。

IMG_4161_Rr

まずはハンバーグ。

IMG_4163_Rr

チーズインハンバーグで昨日の晩御飯とかぶってしまいました。

IMG_4162_Rr

安城和牛~~~!!

今回M氏が奮発してくれました。

フランスパンと食べましたが美味しかったです。

カルビのロースと食べきらないくらいあり、

朝から贅沢食いをしちゃいました。

 

お腹がいっぱいになったので、

ザックを整理して、

ザックは燕山荘にデポしてカメラだけ持って燕岳へ。

 

その⑤に続く。

77合目!! 3度目の正直 IN 燕岳 その③ - 2013.05.08 Wed

今回は燕山荘の1泊1食(夕飯)8700円を利用しました。

乾燥室もあり、濡れたものはめんどくさくても利用した方が後からだいぶ楽です。

去年利用した時は宿泊者は大きなローリータンクに飲み水が入れてあり、

自由に使えましたが、

今年は、雪が多かったせいでポンプアップする沢?がまだ使えないんじゃないかと思います。

飲み水は売店で500mlのペットボトルが200円で販売しています。

 

IMG_4164_Rr

今日の寝床はここです。

後から単独の方がみえたので一人1畳です。

定員は4畳で8人見たいです。

温度はだいたい5℃くらいで、

毛布1枚にシュラフ型布団では寒いくらいで、

残っていた毛布を1枚余分に使いました。

 

IMG_4167_Rr

2畳の個室状の部屋もあります。

去年はここで寝ました。

通路との境にはカーテンで仕切ります。

IMG_4038_Rr

10張りくらいテントが張ってあります。

強風だと大変ですね~。

IMG_4039_Rr

テンバの先には巨大な雪庇が!!

雪庇に近づかないようにロープが張ってあります。

IMG_4043_Rr

かき氷屋さんもここまで来てくれました。(笑)

IMG_4037_Rr

夕日はこの厚い雲で無理みたいです。

光のカーテン。

 

IMG_4047_Rr

夕方:17:30より夕飯です。

味噌汁・ご飯はお代わり自由です。

 

この時にスタッフさんの優しい気遣いを感じました。

少し遅れて入ってこられた単独の方が席に着くと、

それに気づいたスタッフさんが

「お味噌汁の温め直しをお願いします。」といって温め直していました。

ここ山小屋ですよ~。

スタッフさんの優しさに触れたひと時でした。

IMG_4050_Rr

夕飯後に夕日は?と思いましたが、

またまた厚い雲・・・。

これじゃ星空も無理かなぁ~と思ってました。

IMG_4052_Rr

ひっそりとするテン場。

 

夕飯後に3人でストーブの近くの席で、

コーヒーを飲んでゆっくりとしていると、

去年、ここの山荘でお会いしてお話しした単独の男性がいました。

間違いないと思い声をお掛けしたらやっぱりそうでした。

偶然同じ日程で来れていろいろなお話が出来ました。

フルマラソン完走するぞ!!

 

たばこを吸いに行ったyaman-chu さんが、

「星がきれいに出てますよ」と教えてくれて、

寒い中ですが、フル装備でちょっと撮影に行ってきました。

ミニ三脚持って来て良かった~~!!

IMG_4058_Rr

安曇野方面の夜景。

IMG_4062_Rr

多分大町方面の夜景。

IMG_4064_Rr

撮った後にモニターで見るとあまり移ってませんでしたが、

パソコンで見ると結構星が写ってました。

IMG_4066_Rr

左下の線は飛行機の光です。

ここは通り道みたいで、結構な数の飛行機が飛んでました。

IMG_4070_Rr

星明りに照らされた燕岳。

これが撮れただけでも重いカメラを持っていった甲斐がありました。

IMG_4073_Rr

裏銀座方面。多分鷲羽岳。

IMG_4074_Rr

テン場の方は静かです。

IMG_4075_Rr

星空の燕山荘。

皆さん、消灯時間まで山談義に花を咲かせて、

楽しそうに会話していました。

時間はあっという間に消灯時間になり、

程よい疲れで、ぐっすりと寝ることが出来ました。

 

その④へ続く

76合目!! 3度目の正直 IN 燕岳 その② - 2013.05.07 Tue

2013年のGWに残雪期の燕岳にM氏とyaman-chu さんと行ってきました。

4月の頭ごろにM氏より、

「久しぶりに山に行きたくなったから、GWどう?」とお誘いがあり、

yaman-chu さんも誘って3人での山行になりました。

行先は自身3度目となる燕岳に決定。

今まで2度行きましたが毎回ガスに包まれて小雨で展望には全く恵まれていませんでした。

今年こそは、快晴の燕岳・北アルプスのパノラマが見たくて、

天気予報と睨めっこしていました。

当初は5/1~2で行く予定でしたが、

4/30~5/1が天気が崩れるとのことで、5/2~3に変更しての山行になりました。

この変更がばっちり当たって大満足の眺望に出会えました。

 

M氏・yaman-chu さんに迎えに来ていただいて、

中房温泉を目指します。

IMG_3960_Rr

GWでも平日なので大丈夫だと思いましたが、

第一駐車場は9:30頃に到着して残り5~6台くらいのスペースがありました。

9:50駐車場発。

IMG_3961_Rr

10:00登山口発

IMG_3962_Rr

第一ベンチまでは雪がほとんどありませんでした。

IMG_3964_Rr

第二ベンチ辺りから雪が多くなってきたのでアイゼン装着。

IMG_3967_Rr

第3ベンチで燕山荘まで丁度半分。

IMG_3968_Rr

富士見ベンチでは安曇野の街並みが見えます。

IMG_3969_Rr

しっかりと安曇野の街並みが見えたのは初めて。

IMG_3970_Rr

富士見ベンチ

ここから合戦小屋が遠かった・・・。

IMG_3973_Rr

隣の稜線がはっきりと見えて、期待が持てます。

IMG_3974_Rr

IMG_3975_Rr

M氏、最近山のモチベーションが上がり気味になって来てますが、

体は言うことを聞いてくれないみたいです。(笑)

 

IMG_3978_Rr

合戦小屋に到着。

やっぱり去年より雪が多いみたい。

IMG_3979_Rr

合戦の頭まで冬は直登ルート。

この樹林帯を抜けると・・・。

IMG_3981_Rr

北アルプスのシンボル槍ヶ岳のお目見え!!

 

直登ルートは結構しんどくて、

久しぶりにモモがプルプルしちゃいました。(汗)

IMG_3986_Rr

残雪期の燕岳はよく整備されていて、

燕山荘のスタッフの方がこの赤い旗をルートにつけてくれるので、

悪天候時でも安心感があります。

IMG_3988_Rr

槍をバックに!!

IMG_3990_Rr

燕をバックに!!

IMG_3992_Rr

M氏、新調したマム~~~ト!!

IMG_3995_Rr

稜線歩きですが、少しづつ雲が・・・。

 

IMG_3997_Rr

先行するyaman-chu さん。

すいすいと登って行かれます。

IMG_3998_Rr

安曇野平野をバックにM氏。

IMG_3999_Rr

IMG_4001_Rr

IMG_4002_Rr

ほのぼのします。

IMG_4004_Rr

大天井岳。

本当はここに行きたかったですが・・・。

IMG_4005_Rr

IMG_4011_Rr

背中から疲労感が伝わってきます。

IMG_4013_Rr

「山荘はまだかっ~~~」

 

IMG_4016_Rr

残り一登りのところまで来ました。

IMG_4017_Rr

青い空は気持ちがいい!!

 

小屋の稜線に出て、ぐるっと回って小屋の玄関へ向かいます。

 

IMG_4019_Rr

表銀座の稜線が槍ヶ岳へとつながりました。

IMG_4022_Rr

裏銀座方面の上空は厚い雲に覆われています。

夕日は無理っぽいかなぁ~。

IMG_4023_Rr

出ました!!燕岳~~~。

IMG_4027_Rr

しっかりと全容が見えたのは初めてだったので、

雪化粧した山が良いですね。

IMG_4028_Rr

小屋の近くのイルカ岩??

IMG_4029_Rr

15:25に燕山荘に到着。

受付を済ませて、元気があれば、この日のうちに燕岳に登りたかったですが、

久しぶりの雪山登山に体が無理と言ってるので、

ゆっくりとして、山小屋を満喫しました。

 

その③へ続く。

75合目!! 3度目の正直 IN 燕岳 その① - 2013.05.04 Sat

今年のGWに北アルプス・燕岳に行ってきました。

 

登山を再開して、3年連続・3回目にして、

念願の快晴の燕岳を拝むことが出来ました。(感無量)

 

1年目は夏山・日帰り・曇りのち小雨(泣)

2年目はGWの春山・燕山荘泊り・2日間とも曇り・小雨(泣×2)

3年目の今年は春山・燕山荘泊り・1日目・快晴~曇り~星空満点

2日目・朝から下山まで快晴(大満足!!)

週間天気予報を見つつ予定を調整して、

満を持して登山となりました。

IMG_4070

星空の燕岳!!

src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。