topimage

2013-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100合目!! ファミリーキャンプ IN 茶臼山高原 - 2013.08.30 Fri

先日、家族で長野県下伊那郡根羽村の

安城市野外センターにファミリーキャンプに行ってきました。

ここは市内の中学生が自然教室に使うところです。

夏場は一般開放があり、利用者も少なく、安価な穴場的なキャンプ場です。

僕も子供の時、夏休みにつれて来てもらったキャンプ場です。

ここに来るのは学生時代以来、15年ぶりかなぁ~。

 

IMG_5170_Rr

基本的に施設は当時と同じです。

トイレは簡易水洗になって少し綺麗になってました。

ここの野外センターの利用料はオートキャンプ場ではありえない金額ですよ。

利用料大人一泊200円。(笑)

今回は大人200円×2=400

薪代252円の合計652円(笑)

食器やなべ・鉄板・ほんごうなど一通り借りれます。

IMG_5169_Rr

ママの横でお手伝いしてくれます。真剣だよ~。

IMG_5175_Rr

子供包丁でピーマンを切ってます。

IMG_5177_Rr

やかんを使ってまずはとうもろこしを茹でてます。

IMG_5178_Rr

薪を使って火をおこすのも楽しかった~。

IMG_5179_Rr

はんごうをつかってご飯を炊きます。

うまく炊けるか心配・・・。

IMG_5180_Rr

IMG_5182_Rr

炊事場のとなりにはキャンプ場が広がってます。

IMG_5183_Rr

森の中のキャンプ場で木漏れ日が気持ちいいです。

IMG_5184_Rr

テントは決して綺麗ではありませんが、利用料が安いので仕方ないですね。

もしかしたら20年選手のテントもあるかも。

中は結構広めで5~6人用テントです。

毛布は貸してもらえます。

IMG_5188_Rr

初めちょろちょろ、中ぽっぽ、赤子泣いても蓋とるな!!

IMG_5189_Rr

キャンプと言えば定番のカレーも作ります。

IMG_5191_Rr

湯気が出てきました。いい匂い!!

IMG_5192_Rr

カレー完成!!

IMG_5193_Rr

ドキドキしましたがはんごうでうまくご飯が炊けました。

少し食べたら美味しい!!

香ばしくて、ご飯だけで食べれる!!

登山でもご飯を炊けるように訓練しよう!!

IMG_5194_Rr

今度は鉄板焼きです。

IMG_5195_Rr

火の加減が結構手間がかかる。

IMG_5196_Rr

一般利用は僕たち家族だけ。

あとは別のエリアで中学生20~30人が自然教室で利用していただけでした。

IMG_5197_Rr

カレーライスの出来上がり!!

IMG_5202_Rr

今日はもう運転しないからビールで乾杯♪

IMG_5207_Rr

広場では中学生たちがキャンプファイヤーをしていました。

懐かしい音楽が流れてきます。

IMG_5208_Rr

僕たちは小さな花火で楽しみました。

初めてのテントで子供は大はしゃぎ!!

興奮して寝ません・・・。最後はバタンバタンしながら寝ましたが。

今回は避暑のために来ましたが、

涼しいどころか、寒い!!

朝方の気温はテント内で13~14度でした。

山用シュラフもってけばよかったかも・・・。

朝焼けを撮りにビューポイントまで行こうかと思いましたが、

眠気に負けてしまいました。

でも夜中の星空はとてもきれいでした。

 

次の日の朝は、鉄板でパンを焼いてホットコーヒーでまったりと。

後片付けをして、管理棟へ返却して、ビューポイントへ。

 

IMG_5213_Rr

ここからは南アルプスが一望できます。

左から登ったことのある荒川岳・赤石岳・聖岳と続きます。

IMG_5214_Rr

南アルプスも主峰はだいぶ制覇できました。

あとはいろいろ縦走したいなぁ~。

椹島~赤石岳~聖岳の縦走もテント泊でしてみたい。

IMG_5217_Rr

左は恵那山・真ん中は大川入山。

IMG_5218_Rr

この近くに矢作川の源流がありました。

こんなところにも源流があるなんて。

IMG_5219

やっぱり渇水で水は出てませんでした。

IMG_5222

ママ~、待って~~~。

IMG_5223

捕まえた!!

 

ここからはせっかく来たので、

愛知最高峰の茶臼山へ。

娘をアイスクリームで釣ってお供にします。

IMG_5224

がんばるぞ~~~!!

IMG_5228

今回パタゴニアのザックで臨みます!!

中にはなぜかルービックキューブが・・・。

 

登りだしてすぐに「おんぶして攻撃」を受けますが、

いろいろごまかしながら、登らせます。

途中で蛇が出てきたときは飛びついてきましたが・・・。

なんとかご褒美のソフトクリームの話をしながら展望台へ。

IMG_5231

笑顔ではい、チーズ!!

彼女はここがゴールだと思っていますが・・・。

山頂はここから3分くらいの場所。

だだをこねながら山頂までの緩やかな道を進みます。

IMG_5233

山頂へ到着!!

IMG_5234

もう疲れたよ~とご機嫌斜め。

IMG_5235

となりの茶臼山スキー場。

あのリフト乗り場がゴール。

IMG_5237

来ました!!愛知最高峰 茶臼山

IMG_5238

お疲れ様!!

IMG_5242

自分の足で登ったぞ~~~!!

ただ、ここからの下りは持ってきた背負子に乗せていきます。

疲れたのか背負子に乗るとすぐに寝ちゃいました。

IMG_5243

森のトンネルが気持ちいい!!

IMG_5247

新芽!!

IMG_5250

木陰では涼しくて丁度いい!!

IMG_5251

あと少しでゴール。

IMG_5252

ママの待つリフト乗り場に到着!!

IMG_5255

お約束のソフトクリームにご満悦!!

 

薪を使ったり、はんごうでごはんを作ったりと、

普段の登山とは違ったファミリーキャンプで楽しく過ごせました。

 

娘は初めてのキャンプで大興奮して楽しんでいたので、

またキャンプへ連れて行きたいと思います。

スポンサーサイト

99合目 冷たいサイダーを求めて!! in 前鬼川 後編 - 2013.08.24 Sat

ナメ床をすぎると、これまた印象的な場所に出ます。

 

P8180277

小さな泡がたくさん出てます。

P8180278

ここも青いんです。

この青さは冷たいからなのか?透明度か?成分なのか?

P8180279

_86A3587_like(ke-n さん撮影)

_86A3590_like(ke-n さん撮影)

ここも少し上流からどんぶらこ~します。

P8180280

簡単におっさんが子供になれます。(笑)

 

P8180281

冷たいけど、サイコ~~~!!

P8180284

ここでも水中写真をパチリ。

P8180285

天然のサイダーみたい!!

P8180286

P8180293

これは潜らないと見れない景色!!

ここは忘れない場所になりそう。

P8180294

ここにもブルースポットが!!

P8180295

N氏、元気だね~。

P8180298

きのこも元気に育ちますよ。

P8180301

この辺は温かくなってきました。

P8180302

お腹も減ってきたので、そろそろランチタイムにしましょ~。

P8180305

今回は愛知名物・味噌煮込みうどん

あとはハムステーキを焼きました。

P8180306

撮影中のCOOPERさん。

ここはみんな対岸に行ってても入念に撮影されていました。

P8180307

P8180309

ここの滝は箱状になっていてとてもきれいな場所。

P8180311

あまりの水の綺麗さに飛び込みたくなるけど、

出てくるのが大変なのでパスしました。

P8180313

P8180314

P8180315

ここも青かったなぁ~。

P8180316

P8180318

左岸を詰めていくと山の中から水が湧いています。

どこからこんなに湧いてくるんでしょう?

P8180320

P8180321

P8180322

P8180323

P8180324

P8180325

垢離取場に到着。

ここから前鬼の宿坊へ登山道があります。

しばし休憩後、少し上流にスライダーの出来る淵へ。

P8180333

ここから滑りますが、上にくると結構高い!!

水量が少なくて窪みで停まっちゃいますが、

停まらないともっとスリリングかも。

_86A3714_like_86A3718_like_86A3719_like

ke-n さん撮影

P8180327

そんでもって、この淵が深いこと!!

P8180334

画像では深さが分かりませんが、

今までで一番深い場所でした。

P8180335

日が当たってとてもきれい!!

 

P8180341

最後のダイブをして、垢離取場へ。

P8180342

大きなカエルがいました。

そこ後、川の中へ潜っていきました。

P8180343

ここから30分ほど登り。

僕はトレランシューズに履き替えて、

ウエットスーツも脱ぎましたが、ザックが重い重い!!

P8180344

M氏の苦手な登りです。

汗だくになって無言になってます。(笑)

 

P8180347P8180346

ここでやっと登り終了。

ここから先の下りはCOOPERさんを追っかけRUN。

 

P8180348

COOPERさん、あんだけ走れれば、ロングコース行けますよ。

機会がありましたら一緒に行きましょう!!

P8180349

P8180350

ここからは林道になります。

P8180351

ほどなくして、ke-n さん、M氏ご到着。

林道歩きを20~30分して、駐車場へ。

林道歩きで蜂の話をしていたら、

超ビックな大スズメバチの御登場!!

あの大きさはヤバかった~。(怖)

 

駐車場で軽く着替えて、帰り道にある

上北山温泉・薬師の湯(500円)へ

ここの温泉はぬるぬるで気持ちよかった~。

当然、お盆最終日と言うことで高速は亀山~四日市は渋滞

さらには火災車両もでてさらに大渋滞・・・

帰宅は夜10時を回ってました・・・。

 

初の大峰山系・前鬼川への訪問はちょっと遠かったですが、

いった甲斐のある楽しく充実した沢登りが出来ました。

大阪組のke-n さん、COOPERさん、またご一緒しましょ!!

 

おまけ

楽しかった前鬼川も痛~い・かゆ~いお土産をもらってくることに・・・。

アブ・ブヨが林道歩きの時もぶんぶんしていて、すねのあたりを一か所刺されたんですが、

知らぬ間にひざ裏も刺されていて、

帰りの車でも猛烈な痒さが襲ってきました。

刺された箇所をさけて周りをかいてましたが、これもダメみたいですね。

翌日にはふくらはぎ全体がこわばってしまい、皮膚科に行ってお薬をもらってきました。

現在は薬も効いてこわばりはなくなりましたが、まだかゆみが襲ってきます。

アブ・ブヨ・恐るべし!!

98合目 冷たいサイダーを求めて!! in 前鬼川 中編 - 2013.08.22 Thu

前鬼川を知ったのは 去年のke-n さんのブログでした。

水がとてもきれいで去年から沢登りを始めたこともあり、

来年行くときは誘ってくださいねとお約束してありました。

 

愛知からはどう行こうか迷いましたが、

亀山からは名阪国道25号で針インターまで、

そこから南下して370号(少し峠道)、

169号線で待ち合わせの奈良県川上村の道の駅へ。

ここまで約3時間。

169号線はほとんど信号が無く、快適でした。

(COOPERさんの車についていくのがやっと)

P8180208_Rr

林道の途中から不動七重ノ滝

1時間ちょっとで前鬼川の林道駐車場へ到着。

P8180210_Rr

7:45より駐車場の横のガレ場から入渓。

 

P8180211_Rr

本流の前鬼川へ移動中。

P8180212_Rr

やって来ました、前鬼川。

早速川に浸かってみますが、

「冷たい~~~い!!」

今までで一番冷たかったです。

_86A3384_like

僕とN氏は沢を登っていきます。

( ke-n さん撮影)

P8180215_Rr

川の中もパチリ。

2013_0818_1

水は冷たいけど、楽しく前鬼川の洗礼を受けます。

(COOPERさん撮影)

最初のダイブポイントで

_86A3389_like

まずN氏から。( ke-n さん撮影)

P8180227_Rr

珍しくM氏も挑戦でダイブ!!

水が冷たすぎたようで、この日はこの1発のみ。

P8180228_Rr

これが気持ちいい!!

_86A3413_like

N氏が引っ張って行ってくれます。

( ke-n さん撮影)

_86A3421_like

今回導入の膝プロテクターが、

川の激流で外れてどんぶらこ~と行ってしまいました。

( ke-n さん撮影)

_86A3426_like

途中でスパッツとインシロックでくっ付けましたが、

激流で少しずれてしまう。

次回の宿題かな。

( ke-n さん撮影)

 

P8180231_Rr

P8180232_Rr

前半は頑張って沢登りしましたが、

午前中で日が差さないところは本当に冷たい。

冷たいじゃなくて、寒い!!

P8180233_Rr

でもこんな綺麗だからまたじゃぶじゃぶと入っていってしまう。

 

P8180235_Rr

川の中はこんな感じ。青いでしょ!!

_86A3428_like

スライダー出来る場所は躊躇なくやるべし!!( ke-n さん撮影)2013_0818_3

これが沢登りの醍醐味!!(COOPERさん撮影)

_86A3433_like( ke-n さん撮影)

_86A3437_like( ke-n さん撮影)

楽しかった~~~!!

P8180243_Rr

やっと日が当たる場所が出てきて少し温かい。

_86A3455_like

でもすぐに水の中にドボン。( ke-n さん撮影)

沢グローブは、手先が出ているので冷たい冷たい!!

P8180246_Rr

10m滝に到着。

_86A3482_like( ke-n さん撮影)

特攻隊長のN氏が行きます。

_86A3487_like( ke-n さん撮影)

気持ちよさそう!!

_86A3502_sse( ke-n さん撮影)

続いて僕が行きますが、深いんじゃないかと念のためにザイルで確保してもらって、

行きました。

透明度がやばい!!

_86A3495_like( ke-n さん撮影)

実際はこの白い場所は石が貯まって、足がつきました。

ke-n さんも足場悪い中、ありがとうございます!!

デジイチでは画像が全く違うのがよくわかります。

P8180250_Rr

ひゃほ~~~い!!

P8180251_Rr

10m滝を水中から。

これをみたら近づけませんでした。

P8180253_Rr

本当に青いでしょ!!

 

そのころM氏は何をしているかと言うと・・・

対岸に渡って滝の方に来ようとしたのか、

川を渡っている途中でしたが、

_86A3494_like( ke-n さん撮影)

底がぬるぬるして腰が引けて立ち往生しておりました。

コケなくてよかったね。(笑)

P8180262_Rr

滝休憩の後はこの左岸を高巻いていきます。

P8180263_Rr

まずは ke-n さんから。

P8180264_Rr

続いて慎重にM氏。

P8180266_Rr

軽々とCOOPERさんクリア~。

前回の風折の滝の時よりレベルアップしてましたね。

P8180267_Rr

N氏揉まれております。

P8180268_Rr

ナメ床に到着。

P8180269_Rr

独特の景観に浸ります。

P8180270_Rr

ここに来ないと見れない景色。

P8180271_Rr

みなさん、それぞれに時間を過ごします。

P8180272_Rr

COOPERさんは初沢でお写真を撮りまくっていました。

P8180274_Rr

ナメ床はいろんな表情を見せてくれます。

P8180275_Rr

この苔もこんだけきれいな水で幸せ!!

 

まだまだこの後楽しい沢登りが続きます。

後編へ続く

97合目  冷たいサイダーを求めて!! in 前鬼川 前編 - 2013.08.20 Tue

お盆の最終日に奈良県の前鬼川にキャニオニング(笑)に行ってきました。

大阪からは ke-n さん、COOPERさんが参加、

愛知からは 僕とN氏、そして、御嶽山で撃沈気味であまり乗り気じゃなかったM氏の

5人でわいわいと楽しんできました。 

 

2013_0818_1

(COOPERさん提供)

P8180235_RrP8180284_RrP8180270_Rr

前鬼川は事前情報どおり素晴らしい川でした。

まさに冷たいサイダーでした!!

96合目!! 地元から見える最高峰 御嶽山!! - 2013.08.14 Wed

M氏より、お盆に山でも行こうということで、猿投山トレランか御嶽山どっちがいい?と聞いたら即、御嶽山に決定。
冬や秋の空気が澄んだ日には地元からも見えます。
なので、地元から見える最高峰の御嶽山!!

 

IMG_5025_Rr

田ノ原までは地元から結構時間が掛かりますが、標高差も少ないので、M氏のリハビリ登山にも良いかなぁ~と。

IMG_5028_Rr

さぁ、ここからスタート!!

IMG_5030_Rr

ガスが湧いてきませんよ~に!!

IMG_5033_Rr

同行のM氏、早くも呼吸を乱しております(笑)

5月の燕以来だからきついよね。

IMG_5035_Rr

木陰が気持ちいい!!

IMG_5037_Rr

よく整備されていて歩きやすい。

IMG_5038_Rr

だいぶ上げってきましたよ。

IMG_5040_Rr

森林限界にでると日差しがきつい。

IMG_5041_Rr

金剛童子到着。

IMG_5042_Rr

IMG_5043_Rr

御嶽山は登りやすい3000m峰ということで、
いろんな方たちが登っています。
ファミリーの方も多かったですが、
小学生の低学年での日帰りはきつそうでした。
でも、頑張って山頂まで登っている子もいたので、よく頑張った!!

IMG_5046_Rr

中央不動尊で地元では有名な‘おもてなし武将隊‘。の方に会いました。
背負っているのは太鼓みたいで、山頂で太鼓を披露したそうです。
もう少し早ければ見れたのかも。

IMG_5049_Rr

中央不動尊。

IMG_5050_Rr

同行のM氏、やっぱり「足が重い」そうです。

今回はトレランシューズなので靴は軽いはずですが・・・。
要トレーニング。

IMG_5051_Rr

全体マップ。

IMG_5053_Rr

こんな高いところに立派な鳥居が!!

IMG_5054_Rr

王滝頂上へ到着。

IMG_5057_Rr

剣ヶ峰まであと少しですが、最後の登りがあります

IMG_5058_Rr

立派すぎます。

IMG_5059_Rr

御嶽神社。

 

IMG_5060_Rr

硫黄のにおいがしました。

IMG_5061_Rr

出ました、有名なモニュメント。

IMG_5062_Rr

モニュメントと剣ヶ峰。

 

IMG_5063_Rr

振り返って御嶽神社。

IMG_5064_Rr

ヘリコプターで運んだのでしょうか?

IMG_5065_Rr

御嶽山登山はいつも登る山とは違って、
人も多いですし、スニーカーや運動靴で登っている人を良く見かけます。
ジーパンで登るオジサマなど・・・。

 

IMG_5066_Rr

頂上山荘に到着、もう少しだけど、最後の階段はシンドイよ。

IMG_5069_Rr

剣ヶ峰に到着。

IMG_5070_Rr

乗鞍岳に北アルプス・槍ヶ岳も見えました。

IMG_5071_Rr

山頂は360度の大パノラマ!!
ここまで来ないと槍は見えない

IMG_5072_Rr

二の池は青かった。

 

IMG_5074_Rr

地元から見える最高峰にきました。

IMG_5075_Rr

一の池は日上げってました

IMG_5076_Rr

山頂では風もなかったので暑いくらいでした。

IMG_5077_Rr

M氏はまだかなぁ~。

この時、「もう王滝頂上でいいわ~」って電話が掛かってこないか

気になりましたが、掛かってきませんでした。

IMG_5079_Rr

小秀山にも登ってみたい。

IMG_5082_Rr

遅出出発だったのと、M氏は絶対に行かないというので、お鉢巡りは次回に・・・小坂からも登ってみよう。

IMG_5084_Rr

もう直ぐかなぁ~

IMG_5085_Rr

3067mにいた蝶。アゲハチョウに見えまが・・。

IMG_5088_Rr

中央アルプスもばっちり見えました。
その奥はガスが湧いていて富士山は見えませんでした。
いつもは向こう側から見ているので新鮮でした。

IMG_5089_Rr

M氏発見。もう少しだ!!

IMG_5090_Rr

最後の難所!!

IMG_5093_Rr

右手が疲労度を物語っております

IMG_5094_Rr

あと少し!!

最近低空飛行のM氏、当初は登りのM氏と言われたのが、

今となっては懐かしい!!

IMG_5095_Rr

M氏も無事に登頂!!

IMG_5096_Rr

2人そろったので、記念撮影!!

IMG_5097_Rr

もう少し風が吹いてほしい。
山頂周辺は火気厳禁。

IMG_5100_Rr

一期一会。
これ見た人は声かけてください。

 

お昼をとってから下山開始。

IMG_5103_Rr

半分くらい下ってきました。
30分ほどM氏待ちの休憩。

 

IMG_5104_Rr

お昼寝をしたら日焼けしました。

IMG_5106_Rr

M氏、無事に御嶽山クリアー。
引退宣言せずに、もう少しトレーニングしましょう!!

IMG_5108_Rr

田ノ原から御嶽山。

IMG_5110_Rr

帰りはこもれびの湯へ。
入浴料500円。

IMG_5111_Rr

初めて御嶽山麓の温泉に入る方はびっくりすると思いますよ。

 

全体的に登りやすいですが、なめてかかると3000m峰なのでしっぺ返しが来るかもですよ。

コースタイム

田ノ原登山口 10:30
金剛童子 11:32
中央不動尊 12:30
王滝頂上 13:00
剣ヶ峰山頂着 13:45
剣ヶ峰発   14:30
8合目あたりで休憩15:30~16:00
田ノ原登山口 16:30

src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。