topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

105合目!! challenge2013 その④ - 2013.09.17 Tue

槍の穂先を慎重に下って、南岳方面を目指します。

 

IMG_5427_Rr

強風で知られる槍ヶ岳山荘のテン場。

この裏にもテン場があります。

ここも岩が多く堅そう。

槍にいちばん近いということで、人気のテン場です。

IMG_5428_Rr

下ってから登り返しての大喰岳。

本日3000m峰 2座目

IMG_5430_Rr

ここもアップダウンを繰り返して、中岳に到着。

本日3000m峰 2座目

IMG_5433_Rr

南岳への稜線。

正直、南岳へはこんなようななだらかな稜線歩きを想像していましたが、

結構アップダウンがあるのね・・・。

IMG_5435_Rr

ここでも疲れた体をチングルマが癒してくれます。

IMG_5440_Rr

南岳到着。
本日3000峰4座目

IMG_5444_Rr

いよいよ見えてきました。

北穂高岳へと延びる大キレット!!

IMG_5446_Rr

南岳小屋に到着。

ここでランチ休憩をとって大キレットへ備えます。

IMG_5447_Rr

天気も上々♪

IMG_5449_Rr

大キレットへの注意書き。

気をつけて行こう!!

IMG_5452_Rr

憧れ・禁断の地 大キレットへ。
LONE PEAK 1.5で臨みます。

天気・体調・やる気十分なのでGO!!

IMG_5454_Rr

すっこり秋空になってきましたね。

丁度槍の穂先も見えます。

IMG_5455_Rr

目指す北穂山荘が見えます。
最後の登りがえぐい!!

IMG_5456_Rr

大キレットへの下りはじめを間違えて下の岩峰を下りかけちゃいました。

マークが無いので???と思ったら巻いて下るみたいでした。

IMG_5457_Rr

大キレットへの下りはじめを間違えて下の岩峰を下りかけちゃいました。

マークが無いので???と思ったら巻いて下るみたいでした。

IMG_5459_Rr

長谷川ピーク辺りにガスが掛かり始めました。

あの山を越えていくの?

IMG_5461_Rr

やっとA沢のコルです。

大キレットにはザックを下して休憩できる場所は少なく、

丁度真ん中あたりにあるので皆さんここで休憩します。

本当は大キレット超えなので軽量化で臨みたかったですが、カメラは5D2を選択しちゃいます。
重たいけどやっぱり。

ザックはグレゴリー アルピニスト50です。

IMG_5462_Rr

来た道を振り返って、南岳方面。

IMG_5464_Rr

これから登る方ですが、悪魔の山みたい。(笑)
これがずっと続きます。

IMG_5465_Rr

長谷川ピークを振り返って。
とても登っている時には撮影できません。
こうやって見るとよく越えてきたなと・・・。

IMG_5467_Rr

今まさにピーク超えをしている岳人。
ここは高度感100点満点。
「マジで!!」を連発しちゃいました。

IMG_5468_Rr

北穂方面がガスってきました。

たしかここが、飛騨泣きです。

IMG_5469_Rr

マークはしっかりとあるので道迷いの心配はほとんどありません。
でも気が抜けない箇所が多くて独り言が多い。

独り言を言ってたら、目の前に対向者がいたりも(笑)

IMG_5471_Rr

ガスってきたので、北穂山荘が見えず、
かなり近づいてきてやっと見えました。

最後の登りは四つんばい状態で登っていきます。

大キレット超えを達成できた時は感無量でした。
嬉しかった~。

IMG_5472_Rr

キレット方面は残念ながらガスで覆われてます。
北穂山荘のテラスからは絶景なのですが、残念。

IMG_5474_Rr

涸沢小屋が見えます。

前穂方面は少しガスが掛かってます。

 

IMG_5476_Rr

人気の小屋で登山者で賑わってます。

この後の行動を考えますが、
大キレットで疲れたのと、涸沢岳方面もガスっているので、今回は北穂山荘テン場泊に決定。

小屋で受付をして、水も忘れなく購入します。

テン場利用料1人500円、水2L400円。

山バッチは800円とお高いですが、せっかくなので購入。

IMG_5478_Rr

テン場は北穂山荘から10分ちょっと離れています。

IMG_5479_Rr

北穂高岳へは山荘の裏手、約30秒!!
速っ!!
本日3000峰5座目

IMG_5481_Rr

北穂高岳南峰

IMG_5485_Rr

明日は奥穂を目指したいですが・・・。

IMG_5486_Rr

15時過ぎにテン場に着いたので、
ホットコーヒーでブレイクタイム。

IMG_5489_RrIMG_5491_Rr

前日は建て方がうまくいかなかったので、
いろいろと改善しました。
この日はテン場一番乗りでいい場所をGETしました。16番がお勧めです。
ここはペグも刺さりやすいです。

IMG_5493_RrIMG_5494_Rr

ソロだったら十分すぎる広さがあります。

土間モードにも出来ます。

 

IMG_5487_RrIMG_5496_Rr今回はご飯を炊いてみることに!!

IMG_5499_RrIMG_5500_Rr

はじめてにしてはそこそこでしたが、
やっぱり底が焦げてしまいました。
これも次回の改善ポイント。

ふりかけを掛けておにぎりに!!

次の日のお昼用にも2個作っておきます。

IMG_5503_Rr

チングルマとマイツェルト。

IMG_5504_Rr

参鶏湯クッパ

 

IMG_5505_Rr

具増しラーメン。

今日はゆとりをもってテン場で過ごすことが出来ました。

昨日とは違って、風も弱く、気温も高めで夜7時過ぎでも11~12度ほどあって、

シュラフの中では暑いくらいでした。

ツェルトの要領もだいぶわかったので、

荷物の置き方など工夫して、快適に過ごせました。

ただ、高さが95センチしかないので、少し頭が当たるのが気になりました。

 

以前モンベルのピローをマットにくっ付けれるようにしたのは大正解でした。

ピローがずれていかずに快適に眠ることが出来ました。

 

今回のメインは何と言っても大キレット越え。
よく冗談で、「今年は大キレットいく?」って言ってましたが、
百聞は一見にしかずということで、今回チャレンジしてみることに!!


個人的に実際に大キレット越えをしてみて感じたことは、
とても長く感じました。


緊張感が続く場所がずっと続いているので、そういう精神的にもタフでないかなり疲れます。
独り言が多くなって、「マジで~」「こんなとこ降りるの?」とか言ってました。
長谷川ピークは高度感100点満点で、丁度北穂方面からの登山者さんとすれ違ったので冷や冷やでした。


北穂山荘への登りは壁を登っているみたいで、四つんばいになって登る感じでした。
でもよく整備されていて、マークや危険個所には鎖・梯子・ステップ・ボルトがあるので、慎重に通過すれば、怖いですが、大丈夫だと思います。


トレランシューズのアルトラ・LONE PEAK 1.5での大キレット超えも少し心配でしたが、槍の穂先ではしっかりグリップしてくれたので、大キレットでも滑ることはありませんでした。

ただ、雨が降ったりして濡れると滑りやすくなるのでここは要注意だと思います。

雨が降ると状況は全く違うので悪天候ではやめる勇気も必要だと思います。

 

続く


11日テン場発6:34~槍ヶ岳山荘7:22~槍ヶ岳山頂7:45~58発 大喰岳8:56~中岳9:24~南岳10:20~南岳小屋10:28着~11:03発 ルートミス 11:15発~A沢のコル12:51~北穂山荘14:20~北穂高岳15:00 北穂高山荘テン場着15:15
スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

悪魔が笑ってる

climb likeさん、おはようございます。

僕には絶対無理!と一言申し上げておきまして(笑、
メインの大キレット越えの達成、晴天でなによりでしたね。
それにしてもさすがに絶景絶景の連続ですね。
すげー、まじでー、まだか?とか、独り言連発しますよね。

ke-n さんへ

こんにちは。

今回の山行のメインでしたので、この日晴天で本当にうれしかったです。
躊躇なく進むことが出来ました。

通過しているうちは、無我夢中でピークなどではとてもカメラを触れませんでした。
振り返ってみると、よく行けたなぁ~とびっくりしちゃいますよ。

「マジで悪魔の山だ」って独り言も言ってました。(笑)

あれから少し経ちますが、あの緊張が懐かしいというか?
なかなか味わえない感覚だったので、へんな癖になりそうです。
そんな自分が怖い・・・。(汗)

難所!!

どうもです!
噂には聞いていましたが、長谷川ピークはヤバイですね!
M死!?になってしまいそうですが、いつかチャレンジしてみたいですね!

climb likeさん、こんばんは。

大キレットいいですね!
来年か再来年にチャレンジしようかな。連れていってくれます?(^^)
このツェルトはやっぱりいいですね。
山でも沢でも雪でもOKですね。
炊飯も楽しいですね、標高が高くて難しいことはなかったですか?
今年中にはデビューしたいと思ってますw

M氏へ

おはようございます。

長谷川ピークヤバいでしょ!!
足重病のまま行くと間違いなくM死になるので、
まずはトレーニングしてください。

challengeする時が来るか!!

COOPERさんへ

おはようございます。

大キレット良い所でしたよ。
通過している時は無我夢中ですが、
大キレット超えした達成感は感無量です!!

来年行きますか?(笑顔)
平日に有給が取れるならですが・・・。

ツェルトは良さを確認できました。
少しコツがいるところがマニア心をくすぐります。
来年の雪中泊はこれで決まりかなぁ~。

炊飯は間違いなくお勧めします!!
お米が美味しいし、軽量化にもなりますしね。
高所だといろいろコツがあるみたいですよ。
少し時間が掛かったのと、
次回の改善点はチタンカップでの焦げ防止ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/105-5cf0eccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

106合目!! challenge2013 その⑤ «  | BLOG TOP |  » 104合目!! challenge2013 その③

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。