topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

131合目!! まさかの出会い リベンジ 小秀山 2日目 - 2014.05.06 Tue

ゴウゴウと言う風の音で何度か起きて、窓から星空を確認しました。

星空は綺麗に出ていましたが、御嶽は暗くてガスってもいるようでよくわかりません。

3時の目覚ましの時も風の音が強く、風の音に負けて、戦意喪失・・・。

あまりにも風が強いと・・・シュラフの中でまた眠りに。

4:20に起きたときに小屋の中も少し明るくなって来ていて、

急いで窓から確認すると、東の空がオレンジ色になってました。

すっかり、眠気はとんで、用意しておいたカメラ・三脚を持って山頂へ

 

IMG_7926_Rr



二日目
4:20 起床
4:30~5:40 早朝撮影
6:00~8:00 二度寝
10:05 秀峰舎発
10:35 第三高原
10:40~11:20 道迷い(M氏)
12:00 第一高原
12:05~12:20 兜岩
12:30 三の谷分岐 
14:00 三の谷登山口
14:40 駐車場着



小さい文字

 

IMG_7874_Rr

小屋から1分もかからない山頂からは御嶽山がとてもきれい。

心配していた風は山頂周りに少し木があるので、あまり気にならない程度でした。

あぁ、夜景が勿体無い・・・。

IMG_7895_Rr

田の原からの綺麗な稜線、一度登ってみたい濁河温泉からの稜線が最高!!

IMG_7899_Rr

中央アルプスのシルエットがかっこよすぎ♪

IMG_7902_Rr

この時期の日の出は八ヶ岳方面から。

IMG_7903_Rr

定番の看板を入れての御嶽山。

IMG_7905_Rr

他を撮っているとすぐに表情が変わってくる。

IMG_7908_Rr

もうそろそろ太陽さんのおでまし。

IMG_7913_RrIMG_7914_Rr

「来たよ♪」

IMG_7915_Rr

いつみてもご来光は良いですね。

IMG_7917_RrIMG_7920_Rr

今年は中央アルプスにも行きたい。

IMG_7922_Rr

山頂には他に誰もいません。

IMG_7923_Rr

こんな景色を独り占め。

IMG_7926_Rr

この景色が見たかった~。

御嶽山とご来光。

IMG_7927_Rr

昨日は雨だったけど、今日が晴れるのを信じて良かった♪

IMG_7928_Rr幸せ~~~。IMG_7931_RrIMG_7935_RrIMG_7939_Rr

IMG_7929_Rr

朝日に照らされる秀峰舎

IMG_7940_Rr

以外に遠い恵那山も。

IMG_7941_Rr

中央アルプスの端の奥には南アルプスも♪

左から荒川岳・赤石岳・聖とこれも見れて幸せ~。

IMG_7942_Rrこんなとこにも小さいのが。IMG_7943_Rr

山頂から小屋まではこんな感じ。

IMG_7949_Rr

IMG_7951_Rr

M氏もやっと起きてきました。

IMG_7954_Rr

念願の小秀山山頂で♪

IMG_7958_Rr

お日様きらり。

IMG_7960_Rr

秀峰舎の入り口側。

IMG_7961_Rr第ニ高原の迷いの森。IMG_7963_Rr

雲海も幻想的。

 

この後、小屋に戻るとまだみなさんシュラフの中。

6時から8時までまたおやすみなさいzzz。

IMG_7964_Rr

起きてみると、スッキリと残雪期の御嶽山。

IMG_7965_Rr

白山も見えましたよ。

IMG_7967_Rr窓から御嶽山。IMG_7969_Rr

秀峰舎はとても綺麗な小屋です。
ここは良い!!

IMG_7970_Rr

この後に思いがけないことが・・・

まさに一期一会。

 

昨日の雨でいろいろ濡れていまい、今日は天気が良いので、皆さん外の木に濡れたものを干していました。

その中に手袋が干してあり、会社名とお名前が書いてありました。

それを見て、もしかしてあの方はブルOOス(ハンドルネーム)さん?と思いました。

いろいろ思い当たるとことがあり、登ってる途中もどこかで見た覚えがあるような無いような?

サッカーのシャツも着ていたしと、

聞くチャンスをうかがっていたら、丁度外で一人休憩をされていたので、

勇気を出して聞いてみることに、さすがにいきなりハンドルネームは聞けずに、

「お住まいはOOじゃないですか?」と聞くと「そうですよ!!」と

この時、確信が持てました。

「もしかして、ブルOOスさんじゃないですか?」

驚いた顔で「そうですよ!!」と

点と点が繋がって線になった瞬間で、堅い握手を交わしました。

お互いにびっくりしたのと、昨日気づかなかったことに笑顔も出ました。

 

ブルOOスさんとは8~10年ほど前に他の趣味のオフ会回で2回ほどお会いしたことがありましたが、その時は挨拶を交わしたくらいだったので、すっかり顔を忘れていました。

しかも2年ほど前に共通のお友達を介して山にもご一緒しようとメールもしたとこがありました。

その時に今回登った小秀山のことを聞いたので、小秀山に興味を持ったきっかけでした。

まさに小秀山が合わせてくれたことにお互いびっくり!!

 

「こんなことあるんだね~」と言っていただき、

一気に話に花が咲きました。

外で盛り上がっていたので、ブルOOスさんの相方さんが、窓からのぞくと

「実は知り合いだって、今分かったところ」と、

「なんだそれ~」と相方さんが言ってましたが、まさにその通りと笑いが!!

とても思い出深い出会いになりました。

 

IMG_7971_Rr

岐阜・岩村よりお越しのお三方。
若い!!

IMG_7973_Rr

まさかの出会い、Nさん達。

 

小屋の掃除をして、また来ますよと小屋にも別れを告げて、下山します。

IMG_7974_RrIMG_7975_RrIMG_7977_Rr

中央アルプスIMG_7978_Rr

中央アルプスをバックに。

IMG_7979_Rr振り返って。IMG_7980_Rr

 

この後アクシデントが、第三高原の先のピークでM氏が間違った方角へ降りて行ってしまい、

少し先で待っていてもなかなか来ません。

 

後続の小屋泊まりの人たちもどうやらつられてそちらに行ったみたい。

笛を鳴らして呼びますが、なかなか来ません。

やっと後続の方の鈴が聞こえて、M氏も間違えに気づいて戻って来れました。

こういう時は笛が役にたちますね。

IMG_7981_Rr

待っていた場所からは小屋が見えましたが、ガスッたら全く見えません。

IMG_7982_Rr

M氏はこの先の迷いの森へ。

IMG_7985_Rr

M氏も疲れ果てた表情で、「小秀山、あなどれん」と

先に第二高原まで行こうか迷いましたが、丁度登ってこられた方に聞くと見なかったよとのことで、ここで待っていて良かったです。

いろいろと考えさせられる出来事で、M氏とこういう時の対処法の話もできて、いいけいけんになりました。

IMG_7986_Rr

こんな場所で前回ツェルト2ロングで寝ました。

IMG_7989_Rr

やっと晴れたときに大展望の第一高原に出会うことが出来ました。

空気が澄んでいれば名古屋までも見れるみたいです。

IMG_7990_RrIMG_7991_Rr

兜岩にて。

IMG_7992_RrIMG_7993_RrIMG_7994_Rr

さすが、小さなころから山遊びしていただけあって、こういうのに慣れています。

IMG_7995_RrIMG_7996_Rr

僕も登って、撮ってもらいました。

IMG_7997_Rr

兜岩からの眺め!!

結構スリリングです。

M氏も誘いましたが、ビビりなので結局登れず・・・。

IMG_7998_RrIMG_7999_Rr

兜岩からNさんたち。

IMG_8000_Rr

兜岩からも綺麗な御嶽山、小秀山が見えます。

 

この後はジグザグな道をどんどん下っていきます。

IMG_8001_Rr

分岐から1:30で3の谷登山口。

IMG_8003_Rr

途中にある秀峰泉でのどを潤します。冷たくて美味しい。

IMG_8004_Rr

途中カエルと卵も。

IMG_8005_Rr

40分ほどで駐車場へ。

今回は残雪期の小秀山に登れて、来季の冬の小秀山の偵察が出来て良かったです。

冬の小秀山に登って本当の‘リベンジ‘になるので、それまでにラッセルの体力をつけよう。

秀峰舎もうわさ通り綺麗でまた来たくなるのがうなづけます。

そして、2日目にまさかの出会いがあり、忘れられない参考になりました。

 


下山後は前回同様下呂温泉へ。車で約30分
初めは事前に問い合わせて確認しておいた、み○り荘(15:30着)に行きますが、
まさかの「本日、車でお越しのお客様はお断りしておます」とのこと。
もうここへは2度と行きません。

もう一軒調べておいた公衆浴場 幸乃湯へ(370円)
シャンプー・ボディソープはありません。
ロッカー10円、ドライヤー20円
気持ちよく汗を流せました。


「viva、一期一会!!」


スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

お疲れ様でした。
文章からお人柄が伝わってきます。先日はゆっくりお話も出来ずにすみませんでした。
私がGWは小秀山行きたいと言ったのですが、このような出会いもあるのですね。
改めて驚きです。
先日、木曽駒ケ岳に登ったのですが、御嶽は綺麗に見えたのですが、
小秀山は麓から見ても、上から見ても、いまいちよく分からないのですね。
でも、登ってみると本当に変化に富んで面白く素敵な山ですよね。
また、登りたくなります。
それでは、また。どこかのお山で会いましょう!

イイネッ!

climb likeさん、おはようございます。

好天に恵まれ、御嶽山の雄姿がかっこいいですね。
一期一会の出会いはナリちゃんでしたか(笑。
元気そうにしてるんで安心しました。

やっぱり山での一泊はご来光を見ないとね。
写真で拝見しても本当に気持ちの良い光と色です。

M氏も相変わらず頑張ってますね。
僕も付いていけるぐらいまで鍛え直しておきます。

srazm さんへ

こんにちは。

ブログにもコメントいただいてありがとうございます。

1日目にもう少し話が進んでいたら早くわかったかもしれませんね。
Nさんが手袋を干してくれてよかったです。
良い思い出になりました。

小秀山は尾根沿いの一部なので、他の山からは分かりにくいかもしれませんね。
僕もこの山はとても好きなのでいろんな季節に登りたいと思います。
秀峰舎もとてもいいですもんね。

小屋泊まりだからこその出会いがあるので、秀峰舎にも感謝したいです。
またどこかでお会いした時はいろいろとお話ししましょう♪

ke-n さんへ

こんにちは。

頂上から御嶽山はぜひ見たいと思っていたので、
晴れたくれて良かったです。

Nさんとの出会いが分かった時は驚きと笑いでした。
ke-n さんとの繋がりが無かったら、今回出合わなかったと思うので、
改めて人とのつながりを感じました。

星空も綺麗だっと思いますが、小屋から出られませんでした・・・。
僕もご来光にはすっきりと目が覚めました。
これが山泊まりの醍醐味だと思いますので!!

M氏は初日の雨に打たれてご機嫌斜めでよくあたられましたよ。
でも小屋に着いたら天気も良くなってきたのと、
小屋が素晴らしいので、
「ここならまた泊まりたい」と申しておりましたよ。
ke-n さんもぜひお勧めしますよ♪

climb likeさん、こんばんは。

御嶽山の朝景撮影、素晴らしいですね!
星景撮影がなくても十分満足の撮影でしたね。

小秀山は、僕も冬までに一度歩いておこうと思っています。
もしご都合あえば紅葉の時期にでもどうですか?
小屋もあるので2月の藤原メンバーにke-nさんもご一緒できれば楽しいですね。
そして、年末には必ずリベンジに行きますのでお願いしますね。

第三高原~第二高原あたりは下山時にも道迷いの注意が必要そうですね。
無積雪期でもガスったらルートが難しいように思います。

冬の小秀山の下見登山、お疲れ様でした!

COOPERさんへ

こんばんは。

頂上からの御嶽山の眺望が小秀山の一番の売りだと思うので、
ご来光が見れて、十分満足できました。

僕も次は紅葉がいいかなぁと思っていたので、
予定が合えば皆さんで行きましょう。
ただ、土曜泊だとあまり広い小屋ではないので、そこが心配です。

M氏も小秀山の洗礼を受けましたので、下山でも油断はできません。
ガスると本当にわかりにくくなる山だと思います。

年末は調整してぜひ行きましょう!!



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/131-4f29c09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

132合目!! 奥三河の山を周回 «  | BLOG TOP |  » 130合目!! まさかの出会い リベンジ 小秀山 1日目

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。