topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

141合目!! チングルマに励まされ・・・ 1日目 - 2014.09.08 Mon

年に一度の連泊の機会、

去年、気になっていた、3大急登のブナ立尾根を調べていると、

200名山の赤牛岳・読売新道の存在をしる。

読売新道は北アルプスの最奥にあり、アクセスもあまりよくない、

しかも悪路続きで、水晶小屋から奥黒部ヒュッテまで小屋が無いロングコース。

ただ、その分人が少なく、抜群の展望が望めるとあって近年ひそかに注目を浴びているコースです。(自分だけか?)

ただ、周回するには車の回収がネックなのがこのコースの泣きどころ。

1・読売新道を登るルートだと七倉から扇沢が登りで自転車が使えない。

2・七倉から船窪乗越を越えて針の木谷から入れば、車の回収がないが、最近雨が多くて渡渉の多いルートなのでパス。(体力的にも一番きつい)

3・扇沢に自転車をデポしておいて、七倉からブナ立尾根~裏銀座~読売新道~黒部湖~扇沢~(自転車)七倉が一番良さそうで今回はこのコースにする。

初日が天気が一番いいので、少しでも稜線に早くいきたくて。3日目は諦めていました。

IMG_8783



7時ごろに七倉Pに到着して、丁度同じ時間の方とタクシーをご一緒して高瀬ダムまで。

 

IMG_8737

雲は少し多めですが、晴れています。

高瀬ダムにははじめてきました。

IMG_8738トンネルとくぐって。IMG_8739橋を渡り。IMG_8741稜線もはっきりと見えてテンションあがりますIMG_8743

ここから裏銀座のスタート。

IMG_8742

登山口の横には水場があり、

のどを潤します。

IMG_8745ブナ立尾根は目印の数字が書いてあるので、

ペースもつかみやすい。

 

IMG_8747

いい感じに三角点に到着。

IMG_8748

ブナ立尾根は3大急登と言うだけあって、急登が続きますが、

よく整備されているのであんがい登りやすく、

登っている人からは隣の七倉から船窪小屋の登りの方がしんどいとの意見を聞きました。

IMG_8749よくわかりませんが、タヌキ岩IMG_8750

樹林帯が開けて、目の前に前烏帽子岳が。

IMG_8752

すぐに小屋に到着。高瀬ダムから4時間ほどで登れました。

IMG_8753IMG_8755

小屋前でおにぎりを食べて、少し休憩。

ここから往復1時間半ほどで烏帽子岳がありますが、今回は先に行きたいのでパス。

次回船久保からの縦走で行きたいと思います。

IMG_8756

小屋の周りにはお花畑が。

IMG_8757

今年もチングルマを見れてよかった♪

IMG_8758IMG_8759三ツ岳へと続稜線。IMG_8760

このガスの出方がたまらなく好きです。

IMG_8761

烏帽子小屋から少し行ったところにテン場あり。

IMG_8762

烏帽子岳の先っちょが山の間からこんにちは。

IMG_8765

赤牛ちゃ~~~ん、待ってろよ~、明日そこに行くから~!!

IMG_8766

赤牛岳・読売新道が見えたのはこの時だけでした。

そういえば、奥には薬師岳も見えるじゃありませんか~~~~。

IMG_8767もくもくとガスがあげってくるのが良くわかるIMG_8768

烏帽子方面を振り返って。

IMG_8769

歩きやすい道が続きます。

IMG_8770

このあたりはコマクサの群生地。

IMG_8774もうほとんど終わってますが、

少しだけましな子も残ってます。

IMG_8775IMG_8776

燕っぽい奇岩も多いね。

IMG_8777IMG_8778

稜線コースは少し登らないといけないので、迷わずお花畑ルートへ。

IMG_8783

チングルマの綿毛が見事です。

癒されるなぁ~~~

IMG_8784IMG_8785IMG_8786

赤牛・水晶は雲の中へ。

IMG_8787IMG_8788

良い道ですが、だんだん疲れてきました。

IMG_8789IMG_8790IMG_8791

15時前に野口五郎小屋に到着。

このまま水晶岳へ行くと時間的にきついので、今日はここまで。

食糧はあるし、いろいろと試したいので、あえて、素泊まりにしました。(6000円)

IMG_8797

自炊室はこんな感じです。気温は標高2900mあるので低めの9℃くらい。

同じく単独の方といろいろと山談義をしてまったりと過ごします。

IMG_8792

今回試したかったのがエスビットの固形燃料とチタンゴトク。

 

IMG_8793お湯を沸かしてみます。IMG_8796

その間に炊飯も。エバニューの網焼きで全体を暖めるようにして、IMG_8794沸騰するまで、蓋をせずに混ぜ混ぜ♪

蓋をしなくていいのって?思うでしょ?

IMG_87955分ほどでお湯が出来上がり。

アツアツではないけど十分お湯として使えて、サブ火器としてもってこいです。

収納もほとんどスペースをとりません。

 

炊飯は沸騰してきたら蓋をして少し弱火にします。

香ばしいにおいがしてきたら様子を見て出来上がり。

IMG_8798いい感じに炊けましたよ。

おこげが少しだけできましたが、コッヘルには焦げ付いていません。

今回は1.2合ほど炊いたので3個ほど明日用におにぎりにして、

 

IMG_8799

アツアツの雑炊にしてふぅふぅして食べました。

今回の自炊はいろいろ試せてこれからいろいろ使えることがわかりスキルアップしました。

IMG_8801

野口五郎小屋は見た目より中が広く、2階建てになっているので、収容人数も多めです。

今回は平日で広々と使うことが出来ました。

8時にはおやすみなさいしました。

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

likeさん、おはようございます。

三大急登のブナ立尾根、長い読売新道、
どちらも地図で見るだけで、僕は歩くことはないんだろうなというルートです(笑。

ガスのかかる稜線道はかっこよくて好きですが、
空は青くあって欲しいですよね。

山小屋を広々と使えるのは平日ならではの特権ですね。
自炊の料理も美味しそう。

ke-n さん

こんにちは。

急登、長い登山道と聞くとなぜが興味がわきますが、
南アルプス農鳥岳で大門沢へ下った登山道を登るのは遠慮したいです。

そうですね、空は青くあって欲しいものですが、
この日が3日間の中で一番良かった方なので・・・

山小屋はやはり平日利用じゃないと厳しいです。
水晶小屋なんかはいつも込々で1つの布団に2人がよくあるそうです。

山小屋のご飯も食べてみたかったですが、ご飯を炊くのも練習だと思って、
自炊にしました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/141-6820394f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

142合目!! チングルマに励まされ・・・ 2日目 «  | BLOG TOP |  » 140合目!! チングルマに励まされ・・・

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。