topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

143合目!! チングルマに励まされ・・・ 3日目 - 2014.09.10 Wed

3日目は地図でみると楽勝じゃんと感じる区間ですが、あなどれません。

なめてかかると、火傷するぜ!!

IMG_8896



3日目の朝はのんびりムード。

なぜなら針の木谷から船に乗らないといけませんが、

始発が6:20、次が10:20なので、

暗い中梯子や木の階段はご免と言うことで、8時前出発なので、

ゆっくりな朝。

 

IMG_8877

5時過ぎに起きるともう一張りのテントはすでに出発されていました。

IMG_8878

ゴロゴロしてましたが、寝れなくなってきたので、モーニングコーヒー♪

IMG_8879

雨は夜中もずっと降っていたので、内側にあるポール留めから水がぽとぽとと滴ってきます。

何かいいものはないかと思っているとヒラメイタ!!

これからはこのビニール袋も入れておきます。

IMG_8880

ツェルト2ロングの全体像

サイドを引っ張ると真ん中の高さがなくなるのが玉にきず。

真ん中では座った状態で頭がつきます。

IMG_8881

広いテン場。

この日は14~15度くらいでした。

IMG_8883

7:45出発、この奥から黒部ダム方面へ

IMG_8884

東沢出会ではいきなり木製橋

IMG_8885

滑らないように慎重に進みます。

IMG_8888IMG_8891

黒部ダムへと注がれます。

IMG_8887

登山道わきの倒木には苔の絨毯。

IMG_8892

針の木谷渡し場までは激しいアップダウンの連続。

凄い場所に梯子がかけてあります。

通過するだけでも一苦労ですが、

整備された方たちには感謝です。

IMG_8893

雨は降ったりやんだり。

IMG_8894

いつかは黒部や赤木沢など北アの沢を歩いてみたい。

でも、冷たそう!!

IMG_8895

渡し場のボートではありません。

ダムになってきました。

IMG_8896

特にこの区間の真ん中あたりが一番エグイ!!

こんな登りがあったかと思うとすぐ登った分だけ下ります。(泣)

IMG_8899

ここから下に行くと渡し場。

下にいないと来てくれないとか・・・。

IMG_8900

9:35に到着。

この先にボートが着きます。

IMG_8901

画面右奥からボートはやってくる。

IMG_8902

他の乗客の方も来ていろいろお話をしましたが、

待ち時間に土砂降りの雨に・・・(泣)

IMG_8903

しかも10:20になってもボートは来ません。

土砂降りは続きます。(泣)

当然雨宿りできるところはありませんよ。(大泣)

IMG_8904

10:26ごろにボート到着。

結構大きめのボートでした。

IMG_8906

このボートは平ノ小屋が関西電力から委託されていて、

乗船料は無料なんです。(ありがたい)

この回は7人乗船しました。

IMG_8907

登山中に船の旅もなかなかありませんね。

IMG_8909IMG_8910

旧船着き場(下部が崩壊してます)

土砂降り具合が分かりますでしょうか?

IMG_8911

7~8分の船の旅でした。

IMG_8914

ありがとう、ついでに黒部ダムまで送って欲しいとみんな思ったはず。

 

ここからは黒部ダム湖畔を進みますが、

岬など大回りしないといけないので、

近そうで結構遠いし、前の区間ほどではありませんが、

木の梯子や階段がところどころに出現します。

IMG_8915

ロッジくろよん。

見えてからが、果てしなく遠く感じた・・・。

IMG_8916

木の橋で沢を通過~。

IMG_8917IMG_8918

今年はどこも沢の水が多いね~。

IMG_8919IMG_8921

こんな天気が多いのでキノコがいっぱいありました。

IMG_8922少しづつ晴れ間も。IMG_8923IMG_8924

2度目の木製橋。

IMG_8925

もう降ってくれるなよ。

今回はこれでもかと言うくらい雨に打たれました。

IMG_8927

やっとこさ、ロッジくろよんに到着も、

売店みたいのはないみたいでした。

IMG_8929

ここからは舗装路でテクテクと。

IMG_8931

丁度、遊覧船が帰ってきました。

ここまで運んでくれれば楽ですが、

好きであるいてるんだからしょうがありません。

IMG_8932IMG_8933IMG_8934ここまでは静かですよ。IMG_8937IMG_8939IMG_8942

ここからは観光客の中へ。

完全に自分だけうきます。

それにしても地下はさむっ!!

IMG_894416年ぶりに観光放水。IMG_8946IMG_8950

晴れてれば、ここから赤牛岳が見える予定でしたが・・・。

IMG_8952IMG_8956IMG_8957IMG_8958

そそくさとトローリーバスに乗り込みますが、やっぱり寒いので、

防寒具に着替えます。

IMG_8959

扇沢駅に到着。

まだここで終わりではありません。

デポしておいた自転車で七倉へ・・・。

1時間あればつくかなぁ~なんて甘い考えでは痛い目にあいますよ!!

 

扇沢から七倉まで自転車移動を詳しく書きます。
2~3人のグループならタクシーをお勧めします。

このコースの難点は扇沢から七倉までの移動手段。
タクシーを使った場合は1台6400円。
単独で使うのはちと厳しい。うまく乗り合わせも期待できない。
(黒部ヒュッテで同じ行程なら乗り合わせも相談できる)

先に扇沢に自転車をデポすれば、基本下り基調みたいなので、今回試みた。
実際に日向山の橋まで20分で行けて、ここの区間はほぼ下り。
ずっと後輪ブレーキを握ったままでした。
こぐ区間が無いので、体が冷えて寒い。要防寒具・手袋
バスや車も多く気を使う。


トンネルも多いので自転車区間はヘッデン(後方ライト付)をつけていました。
ヘルメットがあると安心です。


ここから七倉までがしんどかった。

葛温泉・七倉分岐から登り区間が始まり。
すぐに滝汗・・・。
この区間は工事トラックがバンバン通過します。
自転車を押しながら登り、長い高瀬トンネルへ。
ここはヘッデン必須です。
このトンネルで助かったのはずっと下りだったから。
トラックが来ないことを祈りながら進みます。

IMG_8960

七倉ダム周辺も急坂で滝汗。
もうちょっとだと言い聞かせて、最後のトンネルへ。
ここは半分登り、残りは下り。

IMG_8963

 

1時間25分でやっと七倉に到着。
逆コースの七倉から扇沢まで自転車はドMの自転車マニアじゃないと無理だと思います。
自転車は大変だったけどぐるっと周回できて大満足。

今回は2日目・3日目が天気が悪くせっかくのコースも景色は全くだったので、
またいつの日か読売新道を登って赤牛岳で絶景を見たい。

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

荒行ですか(笑。

climb likeさん、おはようございます。

二泊三日で総距離が半端ないですね(汗。

二日目はなんとも寒そう、
三日目の雨のルートはめっちゃ怖そう。
自転車の区間も大変そう。

ほんと、お疲れ様でした。
ガスに包まれた山行き、それもまたよき思い出?ですよね(笑顔。

ke-n さんへ

こんばんは。

この山行で少しスリムになったかも(爆)

もう2日目の稜線や3日目の船待ち・自転車を押しての坂道なんかはまさに修行でした。(泣)
一皮むけたかな?

いろんな意味で良い思い出になりましたよ。


climb likeさん、こんにちは。

読売新道お疲れ様でした!
今回は天気が残念でしたが、憧れの道を歩けて良かったですね。
3日目は地味にキツイ感じですね。参考にさせて頂きます。

ボートは楽しそうですが、10時を過ぎても来ないというのは
あまり心臓によくないですね。
確かに黒部ダムまで連れて行ってほしいと思ってしまいそうです(-_-;)
赤木沢、沢レベルが上がったら是非行きたいですね。
いつか計画お願いします。

ツェルトⅡロング、昨日もそうでしたが最近毎回見掛けます。
だいぶ人気が出てますね。
ちなみにアンニョンさんは土間はいらんと言ってチャックを縫い付けてました。。。

COOPERさんへ

こんにちは。

今回は天気が悪い中での読売新道でしたが、
じっくりと踏みしめながら完歩出来たことが良かったです。

次回は快晴の中歩きたいものです。

登山中にボートに乗るのは他では聞いたことないので、
乗るのも楽しみでしたが、ここでも時間制限があるので、
3日目の朝はゆっくりすぎるほどの朝でした。

赤木沢いつかは訪れてみたいものですね♪

ツェルト2ロングは使い勝手がいいのと何と言っても軽いのが良い!!
気持ちが楽になります。
僕は土間要る派です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/143-977eb239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

144合目!! 猿投山 タイムアタック!! 猿投神社~雲興寺 往復③ «  | BLOG TOP |  » 142合目!! チングルマに励まされ・・・ 2日目

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。