topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

145合目!! そうだ、‘ツルギ‘に行こう!!in早月尾根 ① - 2014.09.25 Thu

‘試練と憧れ‘の山、剱岳に行ってきました。

Image00025



北アルプスの中でも独特の存在感があり、登山者を惹きつける剱岳。

去年よりアルプス3大急登である早月尾根が行きたいお山リストに挙がっていましたが、北陸は結構遠いので、なかなか実現できずにいました。

学生時代に剱沢方面から登ったことがありますがこの時は山頂でガスられて展望は無し、今回2度目の挑戦で絶景を目にすることができるか?

週間天気予報を見ると23日が晴れマーク。

23日がお休みで丁度前日の22日も時間が少しできたので、
‘思い立ったが吉日‘と単独を覚悟して、山友達にお誘いしてみると、
丁度N氏も予定が空いていたので、N氏と2人での山行となりました。

今回2200m登るので、トレランスタイルでカメラは軽いデジカメとも思いましたが、
今年は晴れたアルプスを撮ってないので、カメラは5D2を選択。
バックを合わせると約2.5キロになりますが、この日は天気が味方してくれました。Image00001

北陸に向かう車内からパチリ。

明日もよろしくね。

Image00002

今回はN氏に車とトレーラーを出してもらい、深夜割引の関係で立山インターの手前の流杉PAで車中泊で前泊して臨みます。
初めてのトレーラー泊でしたが、ぐっすりと快眠できて気持ちの良い体験が出来ました。

Image00003

4時ごろに馬場島(ばんばじまと読む)に着くと公共駐車場は5~6割埋まっている感じでまだ空きがありました。
ちなみに駐車場の気温は9度。

Image00004

早速準備をしてあの有名な‘試練と憧れ‘の石碑の横からヘッデンを付けて登り始めます。

Image00005

序盤から急登がはじめり、木の根っこが嫌らしく登山道を埋めています。
1000mからは200mごとに案内板があるので、目安にはちょうどいいけど、
この時点であと2000m登ります。

Image00007

高度をドンドン上げて、周りの山のスカイラインが浮き出てきて、だんだんと明るくなってくる。

Image00008

振り返ると富山の街並みと富山湾・能登半島も見渡せます。

Image00010

となりの猫又山がどっしりとかっこいい。

Image00011

能登半島も。

Image00012

なんかエンジン音が聞こえると思ったら。

I

動力付きのパラグライダーが優雅に飛んでいました。

Image00013

小さい秋見つけた~♪

Image00014

右奥に剱岳山頂が見えました。

Image00015Image00016

日の出付近が少し寒さを感じて4℃ほど。
ただ稜線にでないと風はなかったので丁度いい感じ。

Image00017Image00018Image00019

学生時代に登った奥大日岳もグットモーニング♪

Image00020Image00022Image00023Image00025

早月小屋に近づくととお日様もグットモーニング♪

Image00026

求めていた景色が目の前に!!

Image00027

早月小屋に到着。

ちょど行程的に半分くらい。

恒例の山バッチを購入。Image00028

振り返ってみるとだいぶのぼってきたね。

Image00029

少し休憩してからここでヘルメット装着。
岩の殿堂と言われるだけあってヘルメットの装着率は8割強ほどほとんどの方が装着されていました。

Image00030

今年は天候不順で満足のいく景色が見れてなかったので、
この日のドピーカンに胸が躍ります。

Image00031

小屋の周りは紅葉が始まってる。

Image00032

奥には薬師岳がどっしり。

Image00033

ギザギザの岩の殿堂・剱岳。

Image00034

降りてくる方から「富士山も南アルプスも見えるからがんばってね」と声をかけていただいて、360度のパノラマを楽しみに登ります。

Image00035

案内板が出てくると一安心。

着実に山頂に近づいています。

Image00036

振り返ると、小屋も小さくなってきました。

Image00037

雲もいい感じに出て来てます。

Image00038

左奥には白馬岳。

Image00039

チングルマのお花畑がキラキラと迎えてくれます。

Image00040Image00041Image00042Image00043

これぞ剱って感じ。

Image00044

2800mの案内板を過ぎると岩場と鎖場が多くなります。
鎖も太くしっかりした鎖なので安心です。

Image00045

だいぶ山頂が近づいてきたよ。

Image00047

どうですか?この景色。

Image00048

空はすっかり秋空。

Image00049

今年のもやもやを一気に吹き飛ばしてくれました。

Image00050

楽しみにしていた‘カニのハサミ‘は通過してみて、
もしかしてこれが‘カニのハサミ‘?と正直、拍子抜けでした。

太い鎖のおかげです♪

Image00051

もうちょっと。

Image00052

頼りがいのあるN氏。

Image00053

北アルプスの山々、こんにちは~~~!!

 

Image00055

真ん中には富士山の姿も見れました。

Image00056

これを過ぎると分岐の標識が出てきて剱沢との合流です。

下山時は剱沢方面に下らないようこの分岐が目印。

ここで一気に景色が広がり、パノラマが開けて、もうすぐ社のある山頂です。

 

「やった~~~!!」

Image00063

 

2200m登ってきた甲斐のある景色が広がり、
見える山はすべて見れるというほど周りは山だけ。
富士山を筆頭に南アルプス・槍ヶ岳・白馬方面・前回ガスって見れなかった赤牛岳の姿も♪
今年のうっぷんをこの景色で晴らすことが出来ました。

山頂には鈴鹿で有名なMさんのかっこいい山名版があり、これを掲げて記念のパチリ。

続く

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

凄いね

climb likeさん、おはようございます。

厳つい山容と秋の雲が最高、この日は空気も澄んでいたので、
近畿からでも富士山が見えたとかでした。
そして、覚悟はしているけど、やはり朝は相当冷え込みそうですね。

最近、記事に登場してこないM氏はどうされていますか(笑。

ke-n さんへ

こんにちは。

この日は最高の天気でした。
空気が澄んでいてくれたので富士山までも見れましたから。

朝は寒くなってきましたよ。
お日様が出てきてからは、暖かくなって、
風が無かったおかげで、山頂はポカポカでした。

今回もM氏に意思確認をしましたよ。
2000m登って、下るよって言ったら却下されました。
そろそろM氏にも登場してもらいます。
リハビリコースで(笑)

climb likeさん、こんばんは。

剱岳、お疲れ様でした!
2,200mは登り応えがありますね!
やっぱり暗いうちから歩かれてましたか。
僕は予想どおり仕事の帰りが日が変わったのでやっぱり無理でしたね。
来年はこのコースか、カニのたてよこコースで行きたいと思います。
そして、いつか長次郎行きたいですね!

トレーラーは乗ったことないですが、快適そうですね!

この日はどこも快晴だったようで、いい日に当たりましたね。

COOPERさんへ

こんばんは。

剱早月尾根登り甲斐がありましたよ。
暗いうちから登らないと明るいうちに帰って来れません。(笑)

早月のテン場からは目の前に尾根があるので、
日の出撮影や夜景は剱沢の方がいいかもしれませんよ。
初めての剱はカニのタテ・ヨコを楽しんでください。

長次郎はまだまだ・・・。

トレーラーは前泊にはもってこいだと思います。
今回、三大急登を登って一番楽しかった黒戸尾根にまた行きたいと思います。

久しぶりの‘当たり日‘を満喫できました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/145-3a3cb9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

146合目!! そうだ、‘ツルギ‘に行こう!!in早月尾根  ② «  | BLOG TOP |  » 144合目!! 猿投山 タイムアタック!! 猿投神社~雲興寺 往復③

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。