topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17合目!! 猿投山トレラン!! 中編 - 2012.08.21 Tue

10時半ごろよりスタート!!

はじめは、緩やかな車道を1キロほどRUNしていきます。

この登りが、程よいフォーミングアップに。

御門杉から登山道へ。

ここからは平らなとこや、下りはRUNしていきます。

 

P8200130_R

この日も33~34度ほどありましたが、

山の中は木陰になっているので、

暑さはそこまで気になりませんでした。

P8200131_R

東宮に到着。

この左側に山頂への道があります。

ここからがトレランの楽しみが始まります。

少し下ったり、平らの場所が多いので

RUN出来るところが多くなってきます。

あっという間に山頂に到着。

P8200132_R

コースタイムは120分。

今回は49分54秒。

猿投山はファミリー登山や登山の慣らしには丁度いいので、

ご年配の方たちが結構登られています。

トレランにも人気があります。

P8200134_R

画像では分かりにくいかもしれませんが、

うっすらと恵那山も確認できました。

休憩は3分30秒。

 

P8200135_R

ここからはジェットコースターのような下りへ。

結構急斜面があるので、のぼり返しが怖い・・・。

2~3歩前を確認しながら、

小股で走ったり、岩などでブレーキを掛けたり、

時にはジャンプして駆け下っていきます。

少しの登りは助走のスピードを上げて登っていきます。

汗は滝のように流れてきますが、

時々風も出ていて走っていて気持ちいいです。

赤猿峠までは下り坂がつづいて、

ここから1キロくらい緩やかな登りの林道へ。

がんばってここは走ります。

(実際は早歩きくらいのスピードですが・・・)

途中に小さな水場があり、冷たくて体にしみわたって

水のありがたさを再認識!!

 

P8200136_R

鉄塔下の展望地からは名古屋の街並みが!!

P8200137_R

ここは日向なので暑いです。

P8200138_R

往復地点の雲興寺が見えたのでぱちり!!

この下りはまだ体力があったので

走りやすい傾斜も手伝って

快調に下っていきます。

川が出てきたら、往復地点の雲興寺もあとわずかです。

川の横では風がとても心地よいです。

赤津川沿いの林道に出たらもうすぐ雲興寺です。

 

P8200139_R

雲興寺に到着。

山頂からのコースタイムは130分。

今回のタイムは54分54秒。

往路はトータルで1:48

目標の2時間ぎりが出来たので、まずまずの結果。

ここからの復路が難所です。

 

後編へつづく!!

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

climb likeさん、こんばんは。

トレランだとCTの半分でいけるんですね、凄いですね。

猿投山ですか、うちの会社の瀬戸工場(暁工業団地)の会議室から見たことがあります。
あそこもたぶん登れるんだろうなぁって思ってた山ですw

COOPERさんへ

こんばんは。

トレランの達人は登りでも走っていくみたいですよ~。
僕はまだまだで現在体力強化中です。
登山で1泊2日のコースでもトレランだと日帰りができるようになります。
こういうのが僕にはすごく魅力です。

猿投山は地元からも見えますし、さえぎる山がないので、
標高の割には結構大きく見えますよ。
愛知にも出張でみえるんですね!!

トレラン

climb likeさん、おはようございます。

トレランは長距離をいけるのが魅力的ですね。
でも立ち止まって息が切れてたら撮影どころでなさそうです(笑。

リズムカルに降りている時は良いですが、
いざって時に体重を受けとめる足腰の筋力の強さも要りそうですね。

ke-n さんへ

こんにちは。

そうですね、トレランは長距離が魅力ですね。
さすがにデジ1をもってはいけないのですし、
トレランの時は持ってくものをいろいろ削るので、
軽くなって、移動距離が長くなります。

普段の登山時も不要なものは持ってかないように、
したいです。

スピードが出ていると、急ブレーキを掛けにくいので、
登山者や、危険個所をよく見ておかないと事故につながるので、
その辺は気を付けたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/17-e4296b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

18合目!! 猿投山トレラン 後編!! «  | BLOG TOP |  » 16合目!! 猿投山トレラン!! 前編

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。