topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

173合目!! 孫太尾根~藤原岳~治田峠~宇賀渓 迷い尾根で迷った? - 2015.04.04 Sat

101R_R

ke-n さんと三河組で孫太尾根を計画するも雨で中止。

「孫太尾根の福寿草気になるよね♪」ということでソロで決行。

 

昨年末にゲットしたMTBを使ってコラボ登山を計画して、
孫太尾根起点で聖宝寺道か木和田尾も候補に挙がりましたが、
宇賀渓起点、MTBで孫太尾根に行き、~藤原岳~治田峠~竜ヶ岳~宇賀渓へとラウンドにとても魅力を感じました。
藤原から竜ヶ岳の区間は未踏区間でしたので、前から気になっていたのでこのルートに決定。



この日は3時起床。

こういう時はすっと起きれます。

001R_R

暗い中落合橋駐車場へ着いて、

今回ラウンドするために初MTBでコラボ登山。
軽(フレアワゴン)も初出動。

002R_R

前輪を外して車載してました。

003R_R

準備をしていると明るくなってヘッデンつけなくても十分明るくなってからスタートしました。

004R_R

途中、藤原岳を望む。

005R_R

ご来光。

006R_R

今日は一番乗りみたい。

007R_R

ロックして登山開始。

009R_R

のっけから急坂で高度を稼いでいきます。
尾根に出たところ。

010R_R

011R_R

となりの遠足尾根を望む。

012R_R

崩落地

013R_R

50分ほどで丸山に到着。
もうすでに暑いので半袖になります。

015R_R

となりには太平洋セメント。

016R_R

草木に到着。

017R_R

ここで初めての残雪。

018R_R

この辺りの尾根道が気持ちよかった。

020R_R

袴腰あたり。
静かなはずの登山道ですが、となりの掘削場からの音が響きます。
この尾根には来ませんように願う。

021R_R

023R_R

野鳥(シジュウカラ)も近くで鳴いてます。(トリミング)
キジの♂も目撃。

025R_R

こういう道好きです。

026R_R

多志田山に到着。
ここから少し残雪道を進む。

027R_R

山名が間違ってますが・・・。

028R_R

 

030R_R

032R_R

孫太尾根分岐にてザックをデポして藤原岳へ。

さぁ、ここからは40D+60mmマクロも持っていきます。

今回初めてカメラ2台体制。(5D2と40D)

というか、マクロレンズを山に持ってきたのも初めてなんです。

088R_R

バイケイソウがこんにちは。

089R_R

ミスミソウ

 

 

091R_R

セツブンソウ

092R_R

093R_R

マクロ撮影を楽しみながらの登山。

095R_R

福寿草なかなかないなぁ~と思っていたら、

藤原岳の急坂に入る頃にやっと見つけました。

097R_R

う~~~ん、これが噂の福寿草ね。

098R_R

みんなこの時期に藤原に登るのが良くわかりました。

100R_R

はじめて福寿草を見たときは幸せな気持ちになりました。

とういのも福寿草初見です。

基本的に人ごみの山は好きではないので、天邪鬼な僕はまだ福寿草を見たことがありませんでした。
過去には春山で花粉症がひどくなり、下山後に頭痛で気持ち悪くなり吐くことも数回あったので、避けていたのも理由ですが・・・。

 

101R_R

いっぱい広げてお日様を浴びてます。

 

この時に事件が起きました。

そうだ、携帯でも福寿草を撮ろうと思って、

携帯で撮っていると、なにか足の上から転がっていきます。

「おにぎりコロコロころりんこ」じゃなくて、

40D+マクロが転がっていきます(泣)

ここは結構な急坂なのでカメラが加速しながらジャンプして転がっていきます。(泣)

でもこの瞬間はスローモーションなんですよね~。

カメラがジャンプした時は終わったと思いました。

10mほど下ったところで木の根元で何とか止まってくれたので、行方不明にはなりませんでしたが・・・。

 

この時は福寿草を撮った後だったので、レンズにはフードは付いていましたが、レンズキャップは外したままでした。

恐る恐る下ってカメラのところまで戻ってみると、

まずカメラのモニターは割れてませんでした

レンズも割れてない(ホッと)

すぐに近くの物でピントを合わせてみると、

「ピピっ」と言うので、AFは大丈夫かな?

次にシャッターを押してみると、ちゃんと押せたようなので、

撮った画像を見ようとすると、モニターが写らない・・・。

というか、全部のボタンが押せない。

電源も切れない・・・終わったかな・・・・

山でシーーーンとした時間が流れます・・・。

 

一度バッテリーを外して入れ直してみよう!!

入れ直すと電源復活。

そのあとは不具合なく撮影できました。

 

今回ザックをデポしたことで40Dを手持ちで登ったこと。

ストラップも付けてなかったこと。(普段5D2も付けてない)

2台持ちの時はせめてストラップはしておくべきでした。(反省)

102R_R

落下後の40Dで。

103R_R

急坂に生えている福寿草を楽しみます。

106R_R

福寿草とセツブンソウ、ありそうでなかなか近くにありませんでした。

109R_R

岩場を進んでいきます。

110R_R

カタツムリ?

112R_R

仲よく夫婦福寿草。

118R_R

114R_R

振り返って。

033R_R

竜ヶ岳方面。

ちなみに左下の山が多志田山。

丁度真ん中の奥が竜ヶ岳。

このあとあそこまでラウンドします。

034R_R

孫太尾根を望む。

035R_R

藤原の大地。

 

036R_R

残雪ももうあとわずか。

037R_R

藤原山荘の新しいトイレも見える。

038R_R

展望台(山頂)到着~~~。

039R_R

040R_R

この冬は2回テーブルランド泊出来たので楽しかった。

あの寒さが恋しい・・・

あとはテン泊して、朝景と青い空のもとテーブルランド散策をしたい。

041R_R

迷い尾根も楽しみ。

藤原岳では360度のパノラマを満喫して、そこから見える竜ヶ岳まで行けるか?

042R_R

一応、パチっておきます

不安に駆られますが、目いっぱい山で遊んでやろうと決心して急坂を滑りながら下っていきます。

何とかなるでしょう!!成せば成る精神でGO!!

117R_R

藤原岳からの下りはけっこうな急坂なので気を付けてください。

とても滑りやすい。

孫太尾根分岐でザックをデポしましたが、
藤原からの下りで少し下りすぎてザックを見失いかけて焦りました。

このあたりはテープもいっぱいあるので気を付けないとルートミスします。

 

044R_R

分岐からはトラバース道になっていて、
崩落した箇所もあり。

045R_R

ここからは案内図を確認していきます。

046R_R

047R_R

048R_R

よしよし13番までは順調だ。
12番が出たら左だから気をつけて行こう。
しかし、12番がなかなか出ないので、GPSで確認すると、
本ルートから外れていました。
赤テープもいっぱいあるし???

049R_R

少し戻って小ピークに12番がありました。
ログを見るとこの12番の少し右側を通ってスルーしていました。
間違えた尾根道は本筋の尾根で赤テープもしっかりとあるので、それに誘導されるようにルートミスをしてました。
他のヤマレコユーザーさんたちも結構同じようにスルーしているので、ここは要注意です!!

あんだけ注意してたのに迷い尾根のトラップに引っかかりました。(笑)

050R_R

家に帰ってGPSログを確認すると右奥を通っていた。

052R_R

12番の裏には案内図も。

053R_R

10m先にはすぐに11番があります。

054R_R

11番から12番を見る。

055R_R

11番からの下りは少し不明瞭。

056R_R

治田峠に到着。

057R_R

058R_R

今日は暑いので、水が少し心配していたら、
沢の音がしてきました。

059R_R

今日は本当に3月なのかと言うくらい暑い、

半袖でちょど良いくらい。(要日焼け対策)
今回は700mlのスポドリとカップ麺用と飲料で水約1.3Lで合計2Lです。
暑いのでカップめんはパスしてその分飲料に回しますが、
まだまだ先が長いので水が心配になっていました。
そんな時に沢の音が聞こえだしてきて、丁度登山道の近くまでなってき来たので、少しだけ下って水の補給をしました。
ここの沢水はそれほど水量も多くなく生水なので少し抵抗があるので、予備用として2Lここで補給して安心できました。
他にも、もう1箇所静ヶ岳の手前にも沢があったので、今回の山行でこの水場のチェックが出来たのもテント泊縦走をするときのためになる。

060R_R

8番でお昼ご飯。

061R_R

コンビニのおにぎり弁当も山だと美味しいよ。

062R_R

このラウンドコースは距離も長いですが、
それ以上にアップダウンがあるので、結構足にきます。
銚子ヶ岳はパス、無理~。

063R_R

 

064R_R

だいぶ近づいてきたけど竜ヶ岳は時間的に厳しい。

真ん中奥が竜ヶ岳ね。

065R_R

赤ゲラが突っついていた木。

ここの尾根は赤ゲラが多く木を突く音が気持ちいい。

066R_R

この区間残雪を登ります。
踏み抜き地獄にはならなくてほっとしました。

067R_R

静ヶ岳もムニエル~~~。

068R_R

赤ゲラ(トリミング)
つつく音が響く。

近づこうとするとすぐに逃げちゃいます。

069R_R

だいぶ近づいてきたぞ~。

070R_R

藤原方面を望む。

071R_R

5月になれば、花をつける、

シロヤシオ。

羊の群れを思い出す。

072R_R

笹原を駆ける鹿たち。

073R_R

やっと竜ヶ岳の登山道へ。
ちょっと違うところから出てきたけど。

074R_R

やっと見覚えのあるところへ。

075R_R

静ヶ岳への分岐。
この時点で15時10分。
はい、タイムオーバーで竜ヶ岳はパス、下山します。

077R_R

金山尾根で下ります。

078R_R

奥には登ってきた孫太尾根。
今日はずいぶん山を満喫したぞ!!

079R_R

竜ヶ岳。

080R_R

081R_R

岩場の急坂が雪解け水で滑らないか心配しましたが、下り初めの標高の高い所のみ登山道が水浸しになっていましたが、滑らずに通過できました。
金山尾根の下りで足の裏(親指の付け根)が靴擦れしたように痛くなってきましたが。

082R_R

083R_R

林道歩きも結構長い。

084R_R

新しいマルタ橋。

085R_R

086R_R

竜の雫。これを楽しみにしてました。
美味しくいただきました。
乾いた体に染みわたる~~~。

087R_R

予定下山時刻の17時の宇賀渓へ到着。
久振りのラウンドロングでしたが、
山を満喫できました。

 

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

なんとまぁ

climb likeさん、こんにちは。

欲張りな登山でしたね(笑。

突っ込みどころ満載ですが、
カメラ、無事で良かったですね。
レンズはもしかしたら光軸が狂ってピントズレや片ボケするかもですから
点検に出すか、自分でテストしておいた方が良いですね。

福寿草の輝きはやっぱり良いなぁ、
そしてまだ節分草まで咲いていたんですね。
お天気の良い日に行きたかったですわ~(涙。

ke-nさんへ

こんばんは。

僕らしい欲張りプランでしょ!!

内容も濃くて、二部編成にしようかとおもったくらいです。
12時間も山にいれば、いろいろとありますね。

カメラは衝撃的でした。
ちゃんと使えるかチェックしてみます。

福寿草も不思議ですね。
今回のルートで見たのは藤原岳手前の急坂だけでした。
来年は雪を被った姿をみたいです。

climb likeさん、こんばんは。

いつもながらのロングコース、濃い一日だったようでお疲れ様でした。
機動力のある軽自動車とマウンテンはこれからも活躍しそうですね。
40Dでの福寿草マクロが綺麗ですね。
って、40Dもお持ちだったのですね!

シロヤシオ、今年はどこで見ようかな。
その前にまだ桜ですね。

COOPERさんへ

こんにちは。

久しぶりに山を満喫してきました。

今年はMTBを使っていろいろ行きたいとおもいます。
幅が広がるのが嬉しい。

5D2の前が40Dで山に持って行ったのは3年ぶりくらいです。
一応マクロ用にまだ持ってました。

竜ヶ岳と言えばシロヤシオですものね。
去年を思い出しました。
丁度桜が満開の時期に天気が悪い日が続いちゃってますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/173-dfacb0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

174合目!! エアライズ2 フロアレス化 (DIY) «  | BLOG TOP |  » 172合目!! 三河湖畔でサイクリング♪

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。