topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

178合目 深南部 不動岳~六呂場山(矢筈尾根)鹿ノ平テン泊2日目 - 2015.06.05 Fri

 

IMG_2207

夜中に起きると夢か現実か?



夜はぐっすりと寝ることができて、頭痛も寝たら治ったみたいで安心だ。

0時前に起きた時にテントから顔を出して夜空を見上げると、

西の空でお月さんが輝いています。

空気は澄んでいるけど、月が明るいので、この時点では星は少な目。

あと1時間寝よう z z z z。

 

1時過ぎに起きてテントから顔を出すと、

 

「ワォ!!」

 

 

IMG_2190

夢にまで見た天の川が見るじゃない!!

なかなか見る機会がなくてなんと初見なんですよ。

見たことがあるかもしれないけど、これが‘天の川‘って認識で見たことがなかった。

IMG_2191

流れ星も見れたし、幸せだぁ~。

IMG_2194

今回、この場所を選んでよかった~~~。

IMG_2196

周りに光源がないので綺麗に見えます。

ここまで来たかいがあったぞ!!

IMG_2197

テントを入れてパチリ。

IMG_2198

5月下旬だけど、ここは2000mの地。

 

IMG_2201

やっぱり寒いのよ。この時2~3度ほど。

迷ったフリース持ってきてよかった。

IMG_2204

30分流して撮影。

その間はもちろん寝てます。

外に出ていると足先が冷たくなってくる。

IMG_2207

北極星を中心にぐるぐる撮影。(ss30分)

一度これをやってみたかった♪

初めての日周運動!!お気に入りの1枚になりました。

この撮影の間も寝ていたら気づいたら4時前・・・。

星景撮影はSamyang 14mm F2.8 AS IF UMC

 

IMG_2208

もう東の空が明るくなってきている。

IMG_2210

4時46分お日様登場。

この時期は日が早いね。

IMG_2213

今日も一日よろしくお願いします。

IMG_2217

テントをそのままにしていこうか迷ったけど、下降点あたりにザックをデポしたほうが楽なので、

ささっと撤収。

一日ありがとうございました。

IMG_2219

下降点は左の奥のほう。

IMG_2220

鹿ノ平ありがとう!!

IMG_2222

鹿ノ平の淵は崩落しています。

 

IMG_2223

あまり進まないでほしい。

IMG_2226

真ん中に前黒法師岳。

影黒法師岳も見えるぞ。

IMG_2229

ザックをデポしてからすぐのこの辺りが一番藪が濃かった。

IMG_2230

森を抜けると不動岳がお出まし。

IMG_2231

この辺りは立ち枯れの樹が多くていい雰囲気。

IMG_2233

シカさんを探せ!!

IMG_2235

IMG_2237

この坂を上ればもうすぐだぞ。

IMG_2238

根っこのわずかな隙間に咲いています。

IMG_2240

今回のメインピークの不動岳。

この日は5月にしては空気が澄んでいるのでよかった。

ピストンはサコッシュとカメラバックのみ。

サコッシュは結構使えるのでこれから重宝しますよ。

IMG_2241

今回の靴もローンピーク1.5

今回穴が広がった・・・。

IMG_2242

黒法師方面。

IMG_2243

このお写真もお気に入り。

IMG_2245

山頂から北にちょっと言った場所に素晴らしい展望地があるとのことで、行きます。

途中にはまだ残雪が残ってました。

IMG_2247

展望地につくとこの絶景です。

IMG_2249

左から双耳峰の池口岳、右には光岳も。

IMG_2250

大無間岳の奥にはうっすらと富士山の姿も。

IMG_2252

左には聖岳その右に上河内岳。

しばし堪能。

IMG_2258

これから降りていく六呂場山真ん中下のピーク。

その奥に左下に伸びていく矢筈尾根。

IMG_2259

だれもいないから‘ヤッホ~~~‘と叫んでみよう、そうしよう!!

1回叫んだらやまびこになってすっきり。

3回も叫んで日頃の?ストレス発散。

 

10分ほど横になって休憩。

風がちょうどよく気持ちいがいい。

IMG_2264

不動岳をあとにすると、前には三銃士の姿が・・・。

カメラでは写せませんでしたが・・・

 

IMG_2265

左から前黒法師岳、真ん中に黒法師岳。

 

IMG_2269

こういう景色大好き!!

IMG_2271

鹿ノ平に帰ってきました。

IMG_2272

デポしておいたザック。

ここからは六呂場山~矢筈尾根とちょっとソロだと心配していた区間ですが、

まだ時間もたっぷりあるので、下っていきます。

IMG_2274

ここから下りましたが、途中から激藪になってしまいました。
もう少し北側から下降点があるのか?
この時点でまだ8時過ぎに下ったので、

13時前後にゲートにつけるかなぁ~と淡い期待を胸に下りますが・・・。

IMG_2277

鹿ノ平下降点より六呂場山付近までほとんど赤テープはありません。
ただ踏み跡はそこそこあります。
枝分かれした尾根筋は注意。
この岩場登るの?っと周りを見渡すと。

IMG_2278

右側下にトラバース発見。

 

IMG_2281

イワカゲミ。

IMG_2282

なんて書いてあるのか?

IMG_2285

シロヤシオもボチボチ咲いていた。

IMG_2290

結構アップダウンが多くて長かった、六呂場山に到着。

IMG_2291

たしかにそうだ!!
疲れているとき、焦っているとき、
そんなときほどこの言葉を思い出そう。

IMG_2292

六呂場山から激下り。
足場の悪いから気を使う。
そのあとは登り返しが待っている

IMG_2296

矢筈尾根分岐にて小休憩。
ここからは一応、緩やかな下り基調。
この辺は赤テープが出てきて安心できる。

IMG_2297

広い尾根だけど倒木が多いのよね。

IMG_2298

そのたびに、大回りしたり、またいだり、
時には下をくぐったりと。

IMG_2300

そういえば、前回の黒法師の時もそうだったけど、

なんか蝉のようなカエルのような鳴き声が樹の上から聞こえてくる。

それもかなりの数で共鳴してる。

でも五月下旬で蝉?

カエルがそんな数が樹の上にいそうもないし、

鳥だったら歩く音に反応して姿を見せるけど見えない。

一度鳴いている樹の下から観察してたけど姿を確認できなかった。

自宅に帰ってグーグル先生で調べてみるとどうやら犯人は

‘ハルセミ‘のようだ。

この時期に蝉とはびっくりしたのと、

一つ学びました。

IMG_2302

標高1500m前後にはヒメシャラが出始める。

IMG_2303

今回はタッチしたよ。
ヒンヤリとして気持ちがいい。

IMG_2305

倒木を避けながら進んだらルートミスをして、ウロウロしながらやっと矢筈山北峰。

IMG_2307

開けた場所に出るとここが矢筈山南峰。

IMG_2308

この日最後の、黒法師岳が見える。
さぁ、ここから一気に下るよ。
この日の核心部。

IMG_2309

赤テープを探しながら下りますが、
今までとは比べ物にならないくらいの登山道というか獣道って感じ。
踏み跡もごくわずかだし、赤テープ(布)もまばらです。
この辺りは林業のピンクテープがいたるところに巻いてあるので、間違えやすい。
赤テープ(布)が先に見えた時の安心感は半端ないです。
標高1000m付近が激下りで、
「本当にここであってるの?」自問しながらの下りでした。

IMG_2310

心細かった下りでしたが、
踏み跡のしっかりした道が出てきたらすぐにホースを発見。
安心感がこみ上げてきます。

IMG_2312

やった~、林道に出ました。
もう少しホースを辿っていくと。

IMG_2313

鳥居をくぐっるとすぐに林道。

IMG_2315

ここに出てきました。

IMG_2317

すぐ横の戸中川を渡ると、ゲートに到着。
鹿ノ平から結構遠かった。

 

今回もおひとり様の山旅になるだろうと思っていましたが、やはり、2日間誰とも会いませんでした。

秘境感たっぷりの鹿ノ平でテン泊できたことや、星景撮影、

ちょっと心細かったけど六呂場山~矢筈尾根を回れたのも楽しく充実した二日間を過ごせました。

この深南部時期こそ限られますが、しばらく通いそうです。

次はどこ狙うかなぁ?

 

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

満天

climb likeさん、おはようございます。

晴れ男!やりましたねー。
素晴らしい星景です!
最近、撮ってないので羨ましいです。

ハルゼミが鳴いていたら、樹の幹に抜け殻を探してみて下さい。
もしかしたら羽化の瞬間も見られるかもです。

お疲れ様でした。

ke-nさんへ

こんにちは。

久しぶりにというか、
山に三脚を持っていって、
こんだけ星が見れたのは初めてかもしれません。(笑)
山に三脚持って行くと天気が崩れるジンクスを破りました。

ハルゼミは前から気になってましたが、
今回調べてスッキリしました。
次回聞いたときは根本も見てみます。

climb likeさん、こんばんは。

笹原が大峰の釈迦ヶ岳のようで、何となく知ってる山のようでした。
星景、やりましたね!ぐるぐるやってる間はもう一台カメラがあればと思いますね。

UL化、着々と進んでますね。
軽量ザックは積み過ぎを繰り返すとショルダーの付け根あたりの縫製が
ほつれ易いのでよくチェックが必要ですね。
僕のも縫製が少しほつれて山道に写真を送って見てもらったり、
サイドのシルナイロンの破けは自分で補修したりしてます。
やはり積み過ぎは良くないですね。

山道+SHMWのミニマリストパッドは秀逸ですね。
これだけで何度も寝てますが、さすがに快適とは言えないものの地面からの寒さを
シャットアウトしてちゃんと睡眠は取れます。
僕のはMINI25Lで背面パッドにもなってて便利です。

フロアレスはどうでしたか?特に問題ないですよね?
むしろ自然の中で寝てる感じが心地よかったことと思います。
MYOGの努力の賜物ですね。また一緒に張りたいですね。

ヒメシャラは冷たくて気持ちいいですよね。

cooperさんへ

こんばんは。

不動岳までの稜線の立ち枯れなどは、
cooperさんのお写真で見た、大峰っぽさがありますね。

星景撮影やっと良い条件に巡り会いました。
確かにグルグルやってる時はもう一台で違うものをとりたいですね。

UL化も、ひとまず揃えることができました。
確かにULザックで積めすぎはよくありませんね。冬に使うのは厳しいのでしょうかね。

今回、ミニマリストパッドとザックパッドを色々試すために両方持って行きましたが、
ザックパッドも厚みがあるので、クッションがわりにはとても良かったです。
ぐっすり寝ることができたので、使う機会が増えそうです。

フロアレスもは、日が出てる間はハエにたかられて鬱陶しかったですが、夜には消えました。
この日はやはり2000mなので、夜は寒くなりましたが、すきま風も荷物などでふさいでいたので、寝てるときはきになりませんでした。
結露もなくて、自然を感じながら過ごせました。ツェルト2も少しMYOGしたいんですが、なかなか進みません。
また、ご一緒に張りましょー。

ヒメシャラはこれからの時期ヒンヤリして気持ちよくなりますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/178-0cb53f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

179合目!! スパッツ 破れ 補修 «  | BLOG TOP |  » 177合目 深南部 不動岳~六呂場山(矢筈尾根) 鹿ノ平テン泊 1日目

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。