topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38合目!! 南アルプス南部 椹島~荒川三山~赤石岳 周回コース 1泊2日 その4 - 2012.10.17 Wed

南アルプス南部 椹島~荒川三山~赤石岳 周回コース 1泊2日 単独行

 

小赤石岳から少し下ったところに分岐があり、

ザックをデポして赤石岳をピストンします。

荷物はカメラだけなので体が軽いです。

分岐より風が強く寒くなってきました。

ウィンドブレーカーの帽子も被って寒さをしのぎます。

昨日お会いした単独の登山者さんは赤石岳には登らずに分岐で下って行かれました。

8時に赤石岳に到着。

IMG_2486_R

聖岳方面。

IMG_2487_R

富士山もまだ見えます。

IMG_2490_R

山頂直下に赤石岳避難小屋があります。

IMG_2491_R

荒川三山。

あそこを歩いていたと思うととても距離があると思いますが、

1歩1歩、歩けばここまで到着できます。

IMG_2494_R

少し雲が広がってきてます。

さすがにここは山頂なので風が強くて寒かったです。

 

IMG_2496_R

避難小屋の先に見晴らしのいい展望地があります。

ここで強風でしっかりとかぶっていた帽子が飛ばされました。

回収できたのでよかったですが、もう少しで置き土産になりそうでした。

IMG_2497_R

富士見平方面。

右中央に赤石小屋の赤い屋根が見えます。

IMG_2498_R

ラクダの背、冬季登山道になるようです。

冬季には来ませんけど・・・。

IMG_2500_R

富士見台まで結構なガレ場を通りそうですね。

IMG_2511_R

赤石岳避難小屋。

もう冬季避難小屋になっていて、

2階が解放されています。

IMG_2509_R

とてもきれいで広い避難小屋で、

ここは泊まりたいと思いました。

聖から縦走でここで泊まるのもありかと思います。

 

山頂へ戻る途中にストックがないことに気が付き、

さっきの展望地をもう一度見に行ったり、

避難小屋も確認しに行きましたがありません。

結局山頂に忘れていたのでよかったですが、

10分ほどタイムロス・・・。

8:50に分岐より下ります。

IMG_2512_R

赤石岳直下も紅葉が進んでます。

 

IMG_2514_R

コルより椹島方面。

IMG_2515_R

富士見平方面もよく黄葉してます。

 

 

IMG_2521_R

こんな黄葉のトンネルはいままで通ったことないので、

秋山は期間限定ですが、

良いなぁと実感できました。

IMG_2523_R

荒川三山。

遠くから見ると全容がしっかり見えるので良いお山ですね。

IMG_2525_R

富士見平に到着しましたが、

肝心の富士山はガスで見れず、残念!!

 

IMG_2527_R

ここから赤石小屋までは30分ほどです。

IMG_2529_R

黄葉は癒されますね。

IMG_2532_R

10:35に赤石小屋に到着。

ここから椹島まではコースタイム2:30なので

11時に出発すればいいので、

パンでお昼休憩にしました。

玄関の横にあるタンクが無料の南アルプスの天然水。

美味しい水が飲み放題はとてもありがたいです。

IMG_2535_R

さっきまではガスってましたが、

ガスが抜けて赤石岳もばっちり見えます。

 

IMG_2537_R

来年には登るぞ!!聖岳。

IMG_2538_R

ナナカマドの赤い実も見事でした。

今はこの辺りも紅葉している事でしょう。

IMG_2539_R

ここのテラスでまったりして、

赤石小屋の山小屋日誌をみて、

独特のバスシステムなどの理由などを知りました。

ゆっくりと休憩してここから一気に1400m下ります。

カメラもザックの中にしまって下りに備えます。

11時過ぎに下り開始。

数グループの登りの登山者さんにお会いしましたが、

こちらも結構急登です。

急登を過ぎると走りやすとところになってきたので、

ガンガン下っていきます。

そういえば、昨日お会いした登山者さんになかなか追いつきません。

標高1300mくらいでやっと追いつくことが出来ました。

 

IMG_2541_R

12:30に赤石岳登山口に到着。

結局赤石小屋から1:30をノンストップで下ってきました。

IMG_2543_R

ここで先ほどの登山者さん(BIMOTAさん)と

少しお話をしました。

自転車の下りは1:30で駐車場へ到着したそうです。

 

IMG_2544_R

今回、回ったコースを確認します。

IMG_2545_R

登山口より5分ほどでロッジに到着。

時限爆弾は作動しませんでした。(ほっと一息)

帰りのバスの予約をして、

ロッジで買い物などをしたりして

14:00のバスまで時間をつぶします。

IMG_2554_R

毎日、登山者をはこぶ東海フォレストのバス。

14時のバスで1時間かけて駐車場まで行き、

登山は終了しました。

奥深い南アルプス南部を満喫できて、

満腹の山行が出来ました。

日程的にも今シーズン最後のアルプス山行が終わりました。

この後は、まっすぐ帰ればいいのに、

寄り道編へ続く。

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

癒しの黄葉

climb likeさん、おはようございます。

行程の無事走破、お疲れ様でした。
本当に黄葉が綺麗な領域ですね。
富士見平方面のお写真も圧巻の光景です。
赤の派手さはなくとも十分に秋を堪能させてくれますね。

撮影のためにストックを離すと、忘れた!(涙)というのは、
僕もほんとうによくやらかします。

アルプスはまた来年ですね。
なかなか行けない山域ですが、少しずつでも訪れたいです。

黄葉!!

Ke-nさん、おはようございます。

今回の山行はいろいろと大変でしたが、
無事に踏破出来、素晴らしい景色にも巡り会えたので、
大変満足できました。

もう少ししたら鈴鹿でも紅葉になるので、
低山でも秋を感じたいですね。

撮影に夢中になると気を付けないと行けませんね。

アルプスはまた来年ですね。
来年はぜひ南アルプスを攻めてくださいね。
南アルプスの天然水もタダなので!!(笑)



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/38-7ab6f0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

39合目!! 南アルプス南部 椹島~荒川三山~赤石岳 周回コース 1泊2日 寄り道編 «  | BLOG TOP |  » 37合目!! 南アルプス南部 椹島~荒川三山~赤石岳 周回コース 1泊2日 その3

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。