topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

52合目!! 伊吹山 後編 - 2013.01.09 Wed

8~9合目あたりの直登コースを進んでましたが、

近くに正規の登山道が見えたので、

登山道へ移動しました。

 

このトラバース道で ke-n さん曰く、

「M氏が死にかけとったぞ」っと

 

なんとか山頂の稜線に出ましたが、

ここから神社まではすぐそこなんですが、

意外に距離があるように感じます。

 

腿がぴくぴくしてきたので、

少し休憩しながら神社に行くと、

元気な昇龍さんが待ってました。

 

いつもは登山に行く2~3日前にランニングして調整しますが、

今回はお正月で怠けてしまったので、

これからはしっかりと調整しようと思います。

 

神社は3~4畳ほどのスペースがあります。

よく入って8~10人でいっぱいなスペースです。

ここでザックを置いて、デジイチと

先日個人輸入したダウンジャケット

mountain equipmentのベガ・ジャケットを着て山頂へ向かいます。

神社を出るとヘロヘロになってM氏が到着しました。

開口一番

「こんなところにおったら手が痛くなるからもう降りる」

「みんなで山頂写真を撮りに行くけど~」と行っても、

「写真なんていらん」と小学生みたいにスネ夫になっておりました。

こういうのは空木岳で経験済で、

下れば気分も収まるので、

6合目の避難小屋で集合と告げておき、

M氏は一人で下っていきました。

 

 

IMG_3149_R

元気いっぱいの昇龍さん

IMG_3151_R

自転車通勤で足腰を鍛えて劇的に変化しました。

俺も自転車通勤にしようかなぁ~(爆)

IMG_3154_R

登山初投入のベガジャケット着て。

IMG_3156_R

もこもこのダウンだけあって強風でしたが、

あまり寒さを感じませんでした。

IMG_3157_R

前回は極寒で神社から帰ったので、

ここは初めてでした。

IMG_3158_R

M氏は今回もここには寄らず。

 

IMG_3160_R

山頂の強風でこんなことに。

IMG_3162_R

こういうのが魅力ですね。

IMG_3163_R

ここでしか見れないもの。

IMG_3165_R

自分の足で見れた景色が好きです。

IMG_3168_R

魚のうろこ状に氷が付いて見ごたえがありました。

IMG_3169_R

IMG_3170_R

この神社の中で風をしのげます。

IMG_3171_R

強風であまり歩き回れません。

IMG_3172_R

真っ白に氷が張りついてます。

IMG_3173_R

純白の鐘?

 

さぁ、ここからは下りなので、

今回楽しみにしていたソリで遊びながら下っていこうと思ってました。

山頂直下の急坂で試してみましたが、

「危険です!!」

この日はガスで視界が悪く、

先が見渡せないのと、

そりに足を乗せないとうまく滑らないので、

足を乗せると、えらいスピードが出ます。

しかも木や岩があるので、

すぐに断念。

楽しみにして、頑張って山頂まで持っていきましたが、

無用の長物に・・・・。

あとアイゼンも付けていると危険かも。

来年くらいは子供ゲレンデで子供と戯れたいと思います。

 

IMG_3174_R

45分ほどで6合目避難小屋に到着。

 

IMG_3178_R

ここでランチにしようかと思いましたが、

ここの避難小屋は登山靴を脱がないと入れないし、

小屋内は火器禁止なので

もう少し下ることに。

お腹は減ってるので、ここでパンを補給。

P1060079_R

3合目のあたりはゲレンデになってます。

P1060080_R

生憎の天気。

 

P1060082_R

光がさすのはこれくらい。

 

15時過ぎに1合目に到着。

ここは綺麗な水洗トイレもあるのでここでランチタイムにすることに。

今回の楽しみなランチは、

三河と言ったら、味噌煮込みうどん。

野菜に鶏肉・もち入り巾着・生卵入りの

特製味噌煮込みうどん。

IMG_3180_R

このころにはM氏の機嫌も良くなり、

IMG_3181_R

生卵投入。

IMG_3185_R

昇龍さん提供:

国産黒毛和牛ステーキ!!

M氏曰く

「外国産じゃないから肉が柔らか~~~い」

美味しくいただきました。

昇龍さん、またよろぴく!!

IMG_3188_R

冬の登山は暖かいものがほんと美味しいです。

 

IMG_3189_R

肉をあさる男たち、肉を撮る男。

IMG_3190_R

天気が良ければ琵琶湖も望めますが、

今回は残念でした。

登山口近くは雪が解けて、

ぐちょぐちょになって歩きにくいですが、

みんな無事に登山終了。

アイゼン・登山靴を洗って、

車で5分くらいの

息吹く薬草の湯へ。(500円)

さすがに夕方は登山帰りの人などで込み合います。

しかもここは洗い場が内に3か所。

極寒の外に2か所のみ。

湯船も広くはありませんが、

いい湯なのでお勧めです。

 

次回(2月)のオフ会登山はみんな楽しみな氷瀑。

冷え込んで見ごたえのある景色を期待してます。

 

コースタイム

登山口 8:25


1合目(アイゼン装着) 9:05


5合目(10分休憩) 10:50


山頂着 12:40


山頂発 13:10


6合目避難小屋(10分休憩) 13:55


1合目(ランチ休憩) 15:10 


1合目発 15:55


登山口着 16:15

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

真っ白な世界

climb likeさん、おはようございます。

正直、登山口からの道のような感じが延々と続くのかと
ナメテおりましたが、最後の直登はえらかったですね。
当日は本当にありがとうございました。
大阪コンビだけならきっと途中で挫折していたと思います(笑。

お肉も最高でしたし、みそ煮込みうどんも美味でしたね。
いつもお世話になりっぱなしで恐縮です。
次回は僕がお肉を用意させてもらいたいとも思っております。

山頂は冷凍庫の中のような凍てついた世界でしたね。
非日常の世界は素敵ですが、あれはちょっと怖いくらいですね。
ソリでの下り、撮影したかったです(笑。

ke-n さんへ

こんにちは。

伊吹山お疲れ様でした。
大阪組の皆さんも頑張りましたね。
最後の急登はしんどかったですよね~。

去年の画像と比べても雪は少なかったですね。
5合目の看板のしたまで雪がありましたからね。

次回はお肉御馳走になります。(嬉)

神社の中はマイナス2度でした。
そとは風も強くて体感気温はかなりひくかったですね。

ソリ・・・。苦労して持って行っただけに残念です。(泣)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/52-0a3aa56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

53合目!! 初めての個人輸入(登山道具) 準備編 «  | BLOG TOP |  » 51合目!! ガスの中の伊吹山 前編

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。