topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

89合目!! そうだ、南アルプスに行こう!! in聖岳 前編 - 2013.07.04 Thu

今週1泊2日で南アルプスに行こうと思っていましたが、

梅雨時で雨マークばかり・・・。

急遽7/2に日帰りで聖岳に行くことにしました。

 

行きは中央道・飯田山本インターより上島トンネルを目指します。

川沿いのくねくね道や交互通行の1車線の区間などあります。

帰り上島トンネルより飯田インターに行きましたが、

こちらの方の道が整備されていて運転しやすかったです。

 

上島トンネルより便ヶ島は約1時間かかります。

途中にPM5~AM8時まで通行止め区間あります。

発電所を越えた辺りから落石が多くあります。

そのあとはダートの道になりますので、運転に気を付けて。

P7020001_Rr

車中泊・テント泊は500円掛かります。

この日はワンちゃんには会いませんでした。

P7020003_Rr

ここより登山開始。

P7020004_Rr

すぐにトンネル。

ここから西沢度までは軽くラン。

崩落地は踏み跡が多くあるので注意すれば大丈夫。

P7020005_Rr

これが噂のゴンドラです。

少し動かしてみましたが、すぐにあきらめて渡れる場所を探索します。

P7020006_Rr

持ち上げれる大きさの岩を川に投げて足場を作り、

手前の岩に飛び乗りました。

左足が少し使って濡れましたが、トレランシューズなのですぐに乾きました。

P7020007_Rr

この小屋の奥から本格的な登りです。

P7020008_Rr

最初の1400mの標識。

ここから薊畑までの登りは中央アルプスの越百岳の登山道に似てるような気がします。

P7020009_Rr

滑落防止のネットがあります。

この辺りで本日初めて人に会いました。

今朝は雲海が広がり、富士山も見えて絶景だったそうです。

P7020010_Rr

この辺りから苔が良く目立つようになってきます。

P7020011_Rr

ガスのかかった林は神秘的です。

P7020012_Rr

やっと2000m。

頂上まであと1000m・・・。

P7020013_Rr

あと少しで薊畑。

P7020014_Rr

こんな感じの道が続きます。

P7020015_Rr

薊畑に到着。

南側斜面は崩壊していて、

谷風が吹いて、汗冷えするので、

ここでの休憩は少し寒いくらいです。

P7020016_Rr

周りは一面ガス・・・。

P7020017_Rr

ベンチがありますが、風が強いので一枚着込んで、

おにぎりを食べて、エネルギー補給。

小聖岳の間に本日2組目の御夫婦にお会いしました。

時々ガスが切れて赤石岳なども見れたそうです。

少し期待が持てるのかな?

P7020018_Rr

小聖岳までは樹林帯の登り。

ここからが森林限界になります。

P7020019_Rr

少しづつガスが切れてきます。

P7020020_Rr

小聖岳がはっきりと姿を現しました。

P7020021_Rr

ただ、まだ前聖の方はガスの中・・・。

P7020022_Rr

隣の兎岳方面かな?

P7020023_Rr

もう少し登って小聖岳。

P7020024_Rr

上河内岳方面の南岳かな?

P7020025_Rr

今回はあまり期待していませんでしたが、

前聖岳が姿を現してくれました。

P7020026_Rr

束の間ですが、少しの晴れ間が見れただけでも嬉しいものです。

P7020027_Rr

今シーズン初のハイ松帯。

雷鳥さんがいないか探しましたが、

この日は出て来てくれませんでした。

P7020028_Rr

デデ~~~ン!!

前聖が姿を現しました。

 

P7020029_Rr

これが見れただけでも今日のぼってよかった!!

P7020030_Rr

聖の稜線と青い空。

P7020031_Rr

登山道には残雪はありませんでした。

斜面に一部だけ残るのみ。

前聖の長いガレ場の登りをクリアーすると・・・。

P7020032_Rr

やっと着いたよ、前聖岳。

P7020033_Rr

こちらも立派な山標。

P7020036_Rr

やったぜ!!聖岳!!

P7020039_Rr

一応証拠写真も撮っておきます。

晴れた日にまた必ず来るよ。

奥聖もその時は行ってみよう!!

P7020040_Rr

こちらに見えますのが、赤石山脈の主峰赤石岳でございます。

(晴れていたら・・・。)

さぁ~ここからは2000mの下りが待っています。

 

前聖岳まで登り 5時間37分(山頂の休憩含む)

後編へ続く。

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

強行!?

強行軍やってますな〜!
怒りの空木を思い出すよ?!

新兵器!?ザンバラン投入はまだ先かな…

climb likeさん、こんばんは。

強行お疲れ様でした。
結構な標高差ですね、1,800mくらいですか?
ガスの景色も森の中ではいい雰囲気ですが森林限界を超えると青空が欲しくなりますねw
少しガスが流れて稜線が見えたお写真はテンションがあがりました(^^)

トレランシューズでも南アを歩けちゃうんですねw
登山靴よりも軽快なイメージですが、疲れ具合はどうですか?

M氏へ

どうもです。

こんどロングコース一緒に行きますか?
間違いなくM死になっちゃうよ。(爆)

今月の沢登も期待してますよ。
また伝説を作ってくださいな。

COOPERさんへ

おはようございます。

登山口の便ヶ島は970mで前聖岳が3013mなので標高差2043mですよ。
さすがに下りは足にきました。
すこしでも青空が見れただけでも良かったです。
また縦走した時に訪れたいです。

トレランシューズの最大のメリットはやっぱり軽さです。
その分行動範囲が広がります。
ただメッシュなので雨や濡れには弱いですが、すぐ乾くのも利点です。
トレランシューズが足に合っていれば、疲れはあまり変わらないと思いますよ。
靴底も厚みがありますので、ある程度衝撃は吸収してくれます。

ただトレランシューズを履くと行動範囲が広がって一日の移動距離が増えるので、
その分、足への負荷は必然的に増えます。

一度トレランシューズを履いちゃうと足が軽くなって手放せない存在になりますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/89-154911fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

90合目!! そうだ、南アルプスに行こう!! in聖岳 後編 «  | BLOG TOP |  » 88合目!! 山道具補修  CW-X スタビライクス編

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。