topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

99合目 冷たいサイダーを求めて!! in 前鬼川 後編 - 2013.08.24 Sat

ナメ床をすぎると、これまた印象的な場所に出ます。

 

P8180277

小さな泡がたくさん出てます。

P8180278

ここも青いんです。

この青さは冷たいからなのか?透明度か?成分なのか?

P8180279

_86A3587_like(ke-n さん撮影)

_86A3590_like(ke-n さん撮影)

ここも少し上流からどんぶらこ~します。

P8180280

簡単におっさんが子供になれます。(笑)

 

P8180281

冷たいけど、サイコ~~~!!

P8180284

ここでも水中写真をパチリ。

P8180285

天然のサイダーみたい!!

P8180286

P8180293

これは潜らないと見れない景色!!

ここは忘れない場所になりそう。

P8180294

ここにもブルースポットが!!

P8180295

N氏、元気だね~。

P8180298

きのこも元気に育ちますよ。

P8180301

この辺は温かくなってきました。

P8180302

お腹も減ってきたので、そろそろランチタイムにしましょ~。

P8180305

今回は愛知名物・味噌煮込みうどん

あとはハムステーキを焼きました。

P8180306

撮影中のCOOPERさん。

ここはみんな対岸に行ってても入念に撮影されていました。

P8180307

P8180309

ここの滝は箱状になっていてとてもきれいな場所。

P8180311

あまりの水の綺麗さに飛び込みたくなるけど、

出てくるのが大変なのでパスしました。

P8180313

P8180314

P8180315

ここも青かったなぁ~。

P8180316

P8180318

左岸を詰めていくと山の中から水が湧いています。

どこからこんなに湧いてくるんでしょう?

P8180320

P8180321

P8180322

P8180323

P8180324

P8180325

垢離取場に到着。

ここから前鬼の宿坊へ登山道があります。

しばし休憩後、少し上流にスライダーの出来る淵へ。

P8180333

ここから滑りますが、上にくると結構高い!!

水量が少なくて窪みで停まっちゃいますが、

停まらないともっとスリリングかも。

_86A3714_like_86A3718_like_86A3719_like

ke-n さん撮影

P8180327

そんでもって、この淵が深いこと!!

P8180334

画像では深さが分かりませんが、

今までで一番深い場所でした。

P8180335

日が当たってとてもきれい!!

 

P8180341

最後のダイブをして、垢離取場へ。

P8180342

大きなカエルがいました。

そこ後、川の中へ潜っていきました。

P8180343

ここから30分ほど登り。

僕はトレランシューズに履き替えて、

ウエットスーツも脱ぎましたが、ザックが重い重い!!

P8180344

M氏の苦手な登りです。

汗だくになって無言になってます。(笑)

 

P8180347P8180346

ここでやっと登り終了。

ここから先の下りはCOOPERさんを追っかけRUN。

 

P8180348

COOPERさん、あんだけ走れれば、ロングコース行けますよ。

機会がありましたら一緒に行きましょう!!

P8180349

P8180350

ここからは林道になります。

P8180351

ほどなくして、ke-n さん、M氏ご到着。

林道歩きを20~30分して、駐車場へ。

林道歩きで蜂の話をしていたら、

超ビックな大スズメバチの御登場!!

あの大きさはヤバかった~。(怖)

 

駐車場で軽く着替えて、帰り道にある

上北山温泉・薬師の湯(500円)へ

ここの温泉はぬるぬるで気持ちよかった~。

当然、お盆最終日と言うことで高速は亀山~四日市は渋滞

さらには火災車両もでてさらに大渋滞・・・

帰宅は夜10時を回ってました・・・。

 

初の大峰山系・前鬼川への訪問はちょっと遠かったですが、

いった甲斐のある楽しく充実した沢登りが出来ました。

大阪組のke-n さん、COOPERさん、またご一緒しましょ!!

 

おまけ

楽しかった前鬼川も痛~い・かゆ~いお土産をもらってくることに・・・。

アブ・ブヨが林道歩きの時もぶんぶんしていて、すねのあたりを一か所刺されたんですが、

知らぬ間にひざ裏も刺されていて、

帰りの車でも猛烈な痒さが襲ってきました。

刺された箇所をさけて周りをかいてましたが、これもダメみたいですね。

翌日にはふくらはぎ全体がこわばってしまい、皮膚科に行ってお薬をもらってきました。

現在は薬も効いてこわばりはなくなりましたが、まだかゆみが襲ってきます。

アブ・ブヨ・恐るべし!!

スポンサーサイト
src='http://www.jognote.com/bparts/calendar/c576f3b9b66ad0d5eecf8a67c94ec9e2' width='180' height='310' marginheight='0' marginwidth='0' frameborder='0' border='0' scrolling='no'>

● COMMENT ●

虫刺され

climb likeさん、おはようございます。

大渋滞に虫さされのおまけ付きだったんですね。
虫刺されの後は個人差があり、ひどい人は大変なことになるみたいですね。
ほんと、お疲れ様でした。

あの大スズメバチにやられたらさすがにやばそうでしたね。
世の中には恐ろしいヤツがいるものです(苦笑。

最後のスライダー場は上から見ると、やっぱり怖いですね。
底が見えるような見えないような深い碧のゆらめきが綺麗な淵が印象的でした。

またお会いできる日を楽しみにしています。

climb likeさん、こんにちは。

昼食はいつもありがとうございます。
箱状廊下や垢離取場、スライダーと、最後まで休む暇がないほど
遊び所が満載で楽しめましたね。スライダーの淵は恐ろしくなるくらい深そうでしたね。
来年は僕もスライダーに挑戦してみようと思います。
最後の走りは気持ち良かったですが、涼しかった体が一気に暑くなりました。
また機会があれば軽めにRUNしたいですね。
アブ・ブヨのお土産は大変でしたね。
今回は遠路遥々お疲れ様でした。

ke-n さんへ

おはようございます!!

やっぱり虫刺されは怖いです!!
早くお医者さんに診てもらってよかったです。

あいつには刺されたくないし、会いたくないですね。

最後のスライダー迫力がありましたが、楽しかったです。
あの淵を泳いでいる時は吸い込まれそうでビビりました。(笑)

こんどはへいちゃんが行けるくらいの季節ですかね~。
またお願いします。

COOPERさんへ

おはようございます!!

前鬼川、美渓で遊ぶところがいっぱいなのが人気のわけですね。
今年の夏の思い出です!!

ぜひスライダーやダイブしてください。
簡単に童心に戻れますから!!
病みつきですよ。

また次回お会いできるのを楽しみにしております♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://climblike.blog.fc2.com/tb.php/99-b6ae60d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

100合目!! ファミリーキャンプ IN 茶臼山高原 «  | BLOG TOP |  » 98合目 冷たいサイダーを求めて!! in 前鬼川 中編

プロフィール

climb like

Author:climb like
・当ブログへようこそ!

・日帰り登山をメインに、自分の足で行かないと見れない景色を求めて!!(百聞は一見にしかず)

・今年こそフルマラソン完走めざします!!

・愛知県三河地方在住です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

登山 (111)
北アルプス (19)
南アルプス (15)
中央アルプス (8)
八ヶ岳 (5)
鈴鹿山脈 (25)
奥三河 (2)
愛知の山 (3)
その他の地区 (8)
沢登り (13)
トレラン (5)
登山道具 (23)
山バッチ (3)
個人輸入 (7)
懸賞 (1)
ランニング (7)
総括 (2)
photo (8)
車 (2)
観光 (1)
自転車 (3)
マウンテンバイク (1)
ロードバイク (2)
大峰 (2)
渓流釣り (13)
テンカラ (4)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

フリーエリア

facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。